スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

競馬を始めて2度目の涙

kinghalo1

キングヘイローの父は80年代ヨーロッパ最強馬と言われたダンシングブレーヴ、母はアメリカの七冠牝馬グッバイヘイロー。世界的な良血。つまり、彼はおぼっちゃまなのだ。
だから、デビューから東京スポーツ杯3歳ステークス(現表記で2歳ステークス)まで3連勝したことも、その背中に天才福永洋一の息子が乗っていたことも、全てが順調で、王道を歩んで当たり前のことだった。
東スポ杯が終わったあとに、友人が「来年のダービー馬だ」と言ったことを、今でもよく覚えている。来年のダービー馬とまで言われたら、それとなくでも追いかけないわけにはいかない。だから、最初はそれほど気にしてはいなかったのに、この初重賞以来注目する馬となった。

1番人気に推された暮れのラジオたんぱ杯3歳ステークス(今のラジオNIKKEI杯)で、彼は伏兵ロードアックスに敗れ、まさかの2着。
あれ?と思った。でも、まだ2着。来年のクラシックの主役のまま彼は休養に入り、弥生賞に備える。

しかし、弥生賞は彼の1強ではなかった。
キングヘイローは1番人気にこそなったものの、きさらぎ賞を勝った武豊スペシャルウィーク、新馬~ジュニアカップと2連勝中のセイウンスカイと3強を形成した。
そして、結果はスペシャルウィーク1着、セイウンスカイが2着。キングヘイローは3着に入り、3強では収まったものの、彼にとってみればもはやクラシックは安泰ではない。
続く本番皐月賞では、キングヘイローは3番人気に甘んじる。1番人気はスペシャルウィーク、セイウンスカイが2番人気に続く。弥生賞の着順通りだ。
僕は、この弥生賞から皐月賞にかけて、キングヘイローにグッと思い入れを深めていくことになる。
「ダービー馬は、キングヘイローじゃないのか?」という思いは、次第に「キングヘイローにダービーを穫ってほしい」という思いに変わっていった。
弥生賞の3着からは巻き返したものの、皐月賞は逃げたセイウンスカイをあと一歩まで追いつめながらの2着に破れる。スペシャルウィークは3着に下した。

そして、福永祐一にとって、キングヘイローにとって、そして、僕にとって、色んな意味で特別なダービーの日がやってきた。
ダービー初騎乗の福永。皐月賞2着から上を目指すキングヘイロー。そして、「この馬こそダービー馬!」とすっかりファンになっていた僕。
皐月賞の内容から、正直、キングヘイローは勝てると確信していた。セイウンスカイは強いけれど、府中の2400はそんなに簡単に逃げ切れるものではない。スペシャルウィークは皐月賞で下した。
凱旋門賞馬の父の血は、この府中の2400できっと爆発する。

ゲートが開いて、驚いて、目を疑った。
差し馬であるキングヘイローが、先頭を走っている。
福永は初めてのダービーに完全に舞い上がっているし、馬は折り合いを欠いている。
さっき書いたように、府中の2400はそんなに簡単に逃げ切れるものではないのだ。
直線、目を疑うように失速し、14着と惨敗。
頭は真っ白になり、福永に対する理不尽な怒りがわき起こり、そして、とても悲しい気持ちになった。

秋になり、キングヘイローは神戸新聞杯を岡部幸雄で3着、京都新聞杯はまた福永に戻って、今やダービー馬のスペシャルウィークと接戦の2着。
菊花賞に期待を抱かせたけれど、セイウンスカイの5着に破れ、2冠馬とダービー馬となったライバル2頭に開けられた水は、相当大きく、絶望的に感じられた。

有馬記念を6着と善戦(この着順を善戦と感じられるほど、僕は落ち込んでいた)し、年を越えて彼も古馬となり、路線をマイル路線へと変更する。鞍上も柴田善臣にスイッチし、心機一転。
すると、東京新聞杯を圧勝、続く中山記念も楽勝。息を吹き返したかに見え、安田記念に期待は膨らむ。
だが、その安田記念は11着惨敗。おいおい。
その頭の高いやんちゃな走りっぷり(およそおぼっちゃまとは思えない)と同じく、このあとも彼は好走(でも勝ち切れず)と完敗を繰り返し、翌年の2月にはどうしてもほしいG1のタイトルを目指して砂のフェブラリーステークスにまで参戦し(1番人気13着)、その度に僕は声の限りに応援し、レースが終わったら肩を落とし、でも、次のレースに向けてまた夢を見て、友人には呆れられながらもキングヘイローとともに歩んでいった。

歓喜のときは、突然来た。
前走フェブラリーステークスを惨敗したあとの、尾張の電撃戦高松宮記念。前年のスプリンターズステークスで3着と好走していたものの、1200という距離は彼にとって短いのではと思っていた。
やはり楽な追走ではなかった。道中は10番手くらい。ましてや直線の短い中京。彼の馬券を握りしめながらも、4コーナーで大外を回してきたときには諦めかけた。
G1とは、かくも遠いものなのか。
そう思った瞬間、馬場の外から猛然と追い込む緑のシャドーロール。高い頭。紛れもない、キングヘイロー。
気付くと叫んでいた。届くのか。届いてくれ!
インコースからは、かつて苦楽を共にした福永騎乗のディヴァインライトがスルスルと抜け出してくる。
外と、内。ほとんど同時に飛び込んだようで、勢いはキングヘイローの方があったように見えた。
ゴール後、勝ったのか確信が持てず、放心状態になったまま、確定の知らせを待つ。
わずかクビだけ、彼は前に出ていた。遠かったG1の美酒を、まさかの尾張の1200で味わった。
鳥肌が立って身体が震えるほど興奮したが、このとき僕は泣かなかった。まだ。
kinghalo2

ダービー馬になると信じて疑わなかった2歳(旧3歳)時から3年。彼は5歳(旧6歳)になっていた。
なんとも遠い、G1への道のりだった。

晴れてG1馬となっても、キングヘイローはその後も好走(でも勝ち切れない)と惨敗を繰り返す。僕はその度に興奮し、項垂れながら、ずっと一緒に歩んだ。
7着と敗れたマイルチャンピオンシップのあと、引退レースとして彼は距離が長いと思われていたグランプリ有馬記念の2500を花道に選んだ。
僕も、誰もが距離が長いと思っていたし、主役は一つ下のテイエムオペラオーでありメイショウドトウでありナリタトップロードだった。キングヘイローは9番人気だった。

道中は最後方。引退レースとして、気楽に見ていた。彼の走りを、ただ目に焼付けておこうと思っていた。
でも、そんな僕の府抜けた心を、最後の直線で彼は一直線に切ってみせた。
映るか映らないかというくらいのモニター画面の端で(そのとき僕は東京競馬場にいた)、懸命に追い込むキングヘイローの姿が小さく、でも確かに映し出された。
彼は、諦めてはいない。引退レースなんて知らないし、関係ない。2500が長いだなんて、誰が言ってるんだ?菊花賞でも掲示板に乗ったんだ。スペシャルウィークやセイウンスカイと凌ぎを削ってきたんだ。
僕の胸にそう語りながら、抜け出したテイエムオペラオーとメイショウドトウを懸命に追っていた。

涙が溢れ出た。
繰り返される好走(でも勝ち切れない)と惨敗の中で、G1を一つ穫れたというぬるま湯に浸り、僕は本当に心の底からキングヘイローを応援してきただろうか。
ごめん!と謝りながら、涙を流しながら、「差せ!差せ!」と絶叫していた。

およそ届かない追い込みだったらしい。勝負が決してから追い込んだ4着だったらしい。他の人に言わせると。
でも、そんなこと関係なかった。また勝ち切れなかったけれど、引退レースとして、これ以上ない走りを最後に見せてくれた。彼のファンで良かったと思った。

今週の日曜日に、彼の息子が高松宮記念に挑む。レース史上初の親子制覇を狙う。そんなG1は高松宮記念しかないから、僕はきっと心の底から声援を送る。
彼の娘や息子がターフを走っている。彼と同じように、いつかは大きいレースに勝つために。最後のレースまで、精いっぱい走り切るために。
そうやって、競馬は続いていく。そしてそれは、とても嬉しいことじゃないか。

スポンサーサイト

コメント

僕が知っている現役のキングヘイローは、有馬記念で怒涛の追い込みを見せたラストランだけ。そっかぁ、そんな歴史があったんだね。トウカイテイオー然り、それだけの思いで追いかけてくれるファンがいたこと、彼らにとっては幸せなことだったと思うよ。

高松宮記念は、僕もローレルゲレイロに勝ってもらいたいと思っています。競馬は血のスポーツ。父が激走して栄光を手にした尾張の電撃戦で、ゲレイロの血が騒がないはずがない。

いやぁ、しかし読みごたえありますなぁ笑
  • |2008-03-28|
  • ryuu #xKxFEW9U
  • URL
  • 編集 ]
キングヘイローのことを書き出すと長くなるだろうな~、って思いながら書いてたら、本当にすごく長くなってしまった。。。
でも、読み返してみて、引退レースのこと思い出して、自分で書いたもんなのに泣きそうになってんのってどうよ苦笑

今週末の高松宮記念のローレルゲレイロは本当に楽しみ!
頭から勝負して、直線では「残れ~~!」って叫びたいです。
でも、まぁ、万が一負けたとしても、また父のときと同じように項垂れて、それでもまた応援していきますよ笑
  • |2008-03-28|
  • tell #-
  • URL
  • 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:http://eternaljourney72.blog101.fc2.com/tb.php/22-84bf34d3

 HOME 

INFORMATION

tell72
  • Author: tell72
  • welcome !

CATEGORY

RECENT ENTRIES

SEARCH


COMMENTS

TRACKBACKS

LINKS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。