スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第27回フェブラリーステークス 回顧




昨年のスプリント王ローレルゲレイロが作り出したペースは、前半3ハロン34秒8。昨年自分で35秒1で逃げたエスポワールシチーは2番手で楽にこれを追走。ローレルゲレイロは初ダートに加え距離にも不安があるので道中息を入れる。昨年のエスポワールシチーは何が何でも逃げ切りたかったので息も入れずに一気に走り切っての4着。今年はローレルゲレイロのペースに合わせて自身も脚を溜め、最後の直線で余裕を持って抜け出すと、追いすがるテスタマッタに2馬身半をつける完勝。時計は良馬場で1分34秒9。稍重だった昨年の自身の時計が1分34秒8だったし、何しろレースの中身が違う。大きく大きく成長し、もはや国内ダートでは敵無しであることを高らかに宣言する勝利だった。
ジョッキー、調教師はドバイに前向きだが、オーナーは慎重だという。だが、国内のあらゆる場所、船橋、盛岡、阪神、東京で砂のG1を穫った同馬、調教ではドバイのAWに近いとされるポリトラックでもすごい走りを見せているらしい。是非、世界の頂点に挑戦してもらいたい。

テスタマッタは内枠だったからインに張り付いて脚を溜めるのは作戦通り。直線で前に何度か詰まりながらも力強く伸びてきた。確かに王者には完敗だったけれど、これからの成長が見込める4歳。まだ今の所エスポワールシチーがいない舞台では、という条件はつくが。

ここ限定騎乗の内田博幸の腕は問題なかったように見える。馬自身もプラス体重とはいえ、迫力満点の馬体だった。3着は力の証でもある。ただ、それでいてエスポワールシチーに1秒ちぎられたのも事実。これでエスポワールシチーにはここ3戦、0秒7、0秒8、今回が1秒と差を広げられっぱなしだ。残念ながら力の差を認めないわけにはいかないだろう。

ダート初挑戦の馬たちの中ではローレルゲレイロが最先着の7着。それでも4着馬とは差のない競馬だったし、軽快な逃げ足を見る限り敗因はダートではなく距離にある。ドバイへの選出は極めて難しい状況となったが、これでむしろ高松宮記念連覇へ胸を張っていけるのではないか。
血統的に期待されたレッドスパーダは良い感じで先行しながら直線ズルズルと失速しての12着。距離が向くと思われたリーチザクラウンは中団で折り合うことは折り合えたが、直線も弾けず10着。
やはり初めてのダートで相手が相手だったこともあるが、期待を込めて出走させられた(この辺りがザレマやスーパーホーネットとは違う)だけに、馬の戸惑いを含めて今後の路線選びと軌道修正が難しくなったように思う。力はある馬だけに、2頭とも芝のマイル路線を盛り上げてくれないと困るのだが。

スポンサーサイト

第50回宝塚記念 回顧

第50回宝塚記念



春競馬の締めくくり、阪神競馬場で行われる数少ないビッグレースである夏のグランプリは、梅雨にも関わらず今年は絶好の天気の下で行われた。
コスモバルク1頭が飛ばしはしたが、そこから離れた2番手以降の集団は極めて平均の淡々とした流れ。馬場も良く、ほとんどの馬が自身の力は出し切れたのではないか。

中団後方、有力なライバルであるディープスカイのすぐ後ろ、その前を走るサクラメガワンダーまでを射程に入れた絶好の位置でドリームジャーニーはピタリと折り合う。
天候、馬場、折り合い、位置取り。ドリームジャーニーにとって数えられた全ての不安要素がこの時点でクリアされたとなれば、あとは得意の阪神内回りコースで自慢の回転の速い末脚を繰り広げるだけだった。
ドリームジャーニーは昨年秋からほとんど休みなく使われていたし、今年に入ってからもすでにここが5戦目。ライバルに比べてローテーションは厳しかったはずだが、そんなことは全く感じさせないはち切れんばかりの小さく引き締まった馬体に仕上げた陣営と、冷静に、最大限に馬の力を引き出した鞍上の好騎乗も光った。
秋には比較的良績のない東京コースでのG1が続くが、5歳にしてこの充実振りならばと期待を抱かせる内容だった。

サクラメガワンダーは好位を自分で取りに行って、さらにライバル馬よりも一歩早めの仕掛け。自分の力は出し切った。ディープスカイは目論見通り抑え込んだが、ドリームジャーニーの切れには屈してしまった。
この馬にとってもここはベストの舞台かと思われたが、阪神コースはベストでも距離は1ハロン長かったか。
それでも馬は充実している。G1での連対もここが初めて。6歳という年齢を考えると秋にさらなる飛躍、と簡単には考えられないが、少なくともまだ落ち目ではない。

圧倒的1番人気に支持されたディープスカイは、4コーナー手前から早くも手が動き出し、前のサクラメガワンダーは捕まえられず後ろのドリームジャーニーには差されるという最悪の結果。
それでも3着、という捉え方もできるが、ここを勝って秋には凱旋門賞へとまで展望されていた馬だけに…。
昨年の秋の天皇賞以来、世代入り乱れるレースが始まってからは勝利していない。G1でも、G2ですら。
ウオッカやダイワスカーレット相手にも引けを取らない勝負ができるが、その他の馬が相手でも他馬と同じような走りしかできない。これでは相手なりに走る好走馬と思われても仕方がない。能力よりも、闘争心の問題のような気もする。
秋の凱旋門賞はなくなっただろう。まだ4歳。地道に総合力をつけて、まずは国内制圧へ向けて仕切り直しとなった。




にほんブログ村 競馬ブログへ

第59回安田記念 回顧

yasudakinen2009


ときには後続に7馬身をつけて圧勝したり、またハナ差2センチの死闘を制したりする。そうかと思えば負けるときはコロリと負ける。勝っても負けても華やかで派手なところが、おそらくウオッカの魅力なのだろう。
今回の安田記念も最後の直線で前が壁になり、武豊は2度3度と行き場をなくした。前には馬群を突きぬけたディープスカイがいる。
これは、負けた。
と思った瞬間、馬群を割って1頭だけ別次元の脚でディープスカイを捕え、最後は手綱を控えるまでの余裕を持っての勝利。

ウオッカが勝った瞬間、岡部幸雄がシンボリルドルフでダービーを勝ったときの言葉を思い出した。
スパートをかけようと手綱をしごく岡部に反応せず、その後自分でスパートを開始し、きっちりと勝ったというあの2冠目だ。
「しっかり捕まっていろ。」
と言われたと岡部は言う。競馬を教えてもらった、と。

先日のオークスでのブエナビスタもそうだが、ウオッカも競争とは何か、ゴール板はどこか。そんなことを把握している、そういう域に達する名馬なのかも知れない。

これでG1を6勝目は牝馬としては単独トップ。獲得賞金10億円超も牝馬では初。記録づくめの大勝利を、この勝ち方で決めるのだから、やっぱりスターホースなのだ。
それにしても、2歳女王が5歳となったここまで息の長い活躍を続けること、それ自体が驚異的だ。むしろ今が一番充実しているような感じさえ受ける。
陣営は宝塚記念への参戦へも含みを残し、今年いっぱいでの引退撤回まで翻すかのような口調。
ここまでの牝馬だ。それも無理はない。
もちろん牝馬だけに、現役引退後も大切な仕事が待っている。健康で、より多くの子孫にウオッカの血を残さなければならない。ただ、ここまでの馬はそうそう現れるものでもない。血を残す前に、もう1段階上にまで達してもらいたい気持ちも残る。
とにかく、陣営は細心の注意を払って今後のことは慎重に決めてもらいたい。それこそ岡部幸雄が言う、「馬優先主義」で。

ウオッカは不利があり、対するディープスカイは理想通りの競馬運び。これで負けたのだから、今回に限っては完敗を認めざるを得ない。
ただ、久し振りのマイルの距離で、身体も宝塚記念を睨んで幾分太めの作り。それでいて2着に来るのだから、やっぱり強い。
もし、グランプリにウオッカが出てきたら、そこでの雪辱を期したい。

3着には道中最後方のファリダット。
前が流れてくれた展開も味方したことは事実だが、やはりその末脚は目を瞠るものがある。
もう少し器用さが出てくれば(せめてあと2~3馬身前で折り合えれば)、G1クラスでも充分に戦える能力はある。

カンパニーはまたしても悲願のG1制覇ならずの4着。横山典の冷静なペース判断から末脚を伸ばすも、届かず。
能力は確かなのに、G1で突き抜けるには何かが足りないのだろう。もう8歳。頑張っているが、残されたチャンスは少ない。




にほんブログ村 競馬ブログへ

第76回日本ダービー 回顧

ダービー2009



晴れるまではいかないまでも回復に向かう天気予報をあざ笑うように、午後から土砂降りの大雨。結果、記憶にないほどの泥んこ不良馬場で行われたダービー。
ここまでの馬場になると馬自身の力うんぬんよりも、この馬場をこなせるかどうかの方が大きい。さらに、泥を被って後方に待機し、直線にかける切れ者にはかわいそうな馬場ともなった。

そんな馬場状態の中、大きく後方を引き離して逃げたNHKマイルカップ馬は結果的にハイペース。離れた2番手を進むリーチザクラウンが実質的にはこの馬場に適したペースでレースを引っ張ったことになる。
そんなリーチザクラウンを見るように、2~3馬身後方で、インにぴったりと張り付いてレースを進めたのがロジユニヴァースだった。それはまるで暮れのラジオNIKKEI杯のようなレース振り。
直線も早々に下がってきたジョーパプチーノを捌いて先頭に立とうとするリーチザクラウンの、さらに内のスペースをこじ開けるように抜け出し、そのまま力強いストライドで2着に粘るリーチザクラウンに4馬身の差をつけた。
スタートはそろっと出てすぐにはインに切れ込まずに馬を落ち着かせ、ジョーカプチーノが譲らないと見るやすんなりと番手でリーチザクラウンを折り合わせた武豊の騎乗は、現時点の馬の状態を最大限に発揮する見事なレース振りだった。実際、ロジユニヴァース以外には抜かれていないのだから、この馬も皐月賞大敗の汚名を晴らす素晴らしい2着。
ただ、そのリーチを目標にレースを進め、ここしかないという馬1頭分の隙間を縫って出たロジユニヴァース横山典の騎乗は、武豊を上回る冷静さと大胆さだった。ロジユニヴァース自身も、スピード決着よりもタフなスタミナ勝負の方が向いているのだろう。

このダービー1、2着馬を短期間で立ち直らさせた陣営は見事だったし、何よりも、横山典弘がついにダービージョッキーになった。
長年、東の競馬界を引っ張り、ベテランとなってさらに円熟の手綱裁きを見せ、勝てば馬のお陰、負ければ自分を責める男なだけに、ファンも多く、そのファンからの支持も高い。
そんな彼が、ダービージョッキーの称号を手に入れた。
力いっぱいの拍手で、新しいダービー馬とダービージョッキーを讃えたい。

皐月賞上位馬はそろって惨敗だったが、この馬場だけにかわいそうな部分もある。
他路線組も大負けはしていないのだから、この結果が全てではなくまだまだクラシック路線で可能性は残した。

春のクラシック戦線は終わったが、秋に向けてまだまだ予断は許さない。




にほんブログ村 競馬ブログへ

第14回NHKマイルカップ 回顧

ジョーカプチーノ


逃げて活路を見出したいゲットフルマークスの作り出したペースが、前半57秒2というハイペース。ただ、その後ろ2番手追走のジョーカプチーノは逃げ馬から4~5馬身後方の位置取りで、その後の団子状態の集団はさらにジョーカプチーノから8~9馬身後方。
だから、一見ハイペースのこのレースも飛ばしたのはゲットフルマークスただ1頭で、結果的にジョーカプチーノは折り合いピタリで自分のペース。その後の集団はハイペースに乗じた差し追い込みを狙ったのかも知れないが、これはさすがに位置取りが後ろ過ぎる。
それを示すかのようにジョーカプチーノが鮮やかに抜け出したあと、2着~5着に飛び込んだのが後方集団の先頭付近にいたレッドスパーダ、グランプリエンゼル、マイネルエルフ、フィフスペトルだったことからも分かる。つまり、後方集団の先頭付近こそが本来の追い込み馬の位置取りであり、そのさらに後方にいた馬たちはレースに参加していないようなものだった。届くわけがないのだ。

勝ったジョーカプチーノの鞍上には若き藤岡康太。馬を信頼して折り合いを重視した結果とはいえ、そのスピード感覚、ペース判断は見事。

逆に、有力差し馬に乗ったジョッキーたちはどうしてしまったのだろうか。武豊、小牧太、吉田豊。見た目のペースに惑わされてしまうほど経験の浅い彼らではない。
やはりこの時期の若駒の気性に絶対の信頼を置けず、つまり行かせると掛かってしまう危険性を捨て切れずに、馬込み後方でじっと折り合いに専念するしかなく、動くに動けなかったのかも知れない。実際焦って追いかけたサンカルロは大きく斜行してしまった。
この時期の、馬体も気性もまだ完成されていない馬たちのレースという、一番難しい側面が出てしまったように思う。




にほんブログ村 競馬ブログへ

 HOME  »

INFORMATION

tell72
  • Author: tell72
  • welcome !

CATEGORY

RECENT ENTRIES

SEARCH


COMMENTS

TRACKBACKS

LINKS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。