スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変幻自在

今週末からいよいよ皐月賞、桜花賞それぞれのトライアルレースが始まる。春競馬は今年もクラシックの華やぎを散りばめ、僕たちの期待を乗せて展開する。

そんな華やかなシーズンに先駆けて、先週末から中山と阪神が開幕した。重賞はアーリントンカップ、阪急杯、そして中山記念。
阪急杯を安藤勝己ビービーガルダンが制し、横山典弘カンパニーが中山記念連覇を果たした。

company


この2人に共通するのが、馬を自在に操る巧みな手綱捌きだ。もちろん、他にも素晴らしいジョッキーは多くいるが、レースの流れ、当日の馬場状態、馬の癖や状態といったトータルでの判断力とそれをレースに生かす技術を併せ持つ点において、おそらくこの2人は卓越している。

横山典弘は今年に入って重賞を3勝、リーディングも独走しているように好調をキープ。特にここ何年かにおいて、彼は自分の型を生かした騎乗技術に年齢による柔軟さも加えて、好騎乗が増えたように感じる。
例えば、昨年のカンパニーでの先行術や、レースの流れやメンバーに合わせたロジユニヴァースでの騎乗振りは見事だ。
今年の中山記念も前残りの馬場と見慣れた少頭数のメンバー構成からスローを読み切り、1コーナーの攻防で川田アドマイヤフジを競り落として2番手につけた時点で、勝利のほとんど8割方は決まっていた。
ただ、自身の作戦や読みが素晴らしいだけに、思い通りに動いてくれない馬に乗ったときは少々不安定なところはある。例えば、有馬記念や京都記念でのカワカミプリンセスの騎乗のように。
横山典弘の頭の中ではハナでもいいくらいのスタート直後から4コーナーで貯めて、直線弾ける想定ができていた(そして、ある程度の実力があって尚且つ自在性もある馬ならば、実際思い通りに動かせただろう)が、カワカミプリンセスはテンに速い脚があるわけでもなく、貯めたからといって矢のように弾ける末脚があるわけでもない。総合力という点で実力があるから上位には来るけれど、4コーナーで必ずズブい面を見せるこういうタイプの馬には、本田元騎手のようにそこで気を抜かせない騎乗が合っている。横山典弘は見事なまでに流れを読み切っての鮮やかな勝利を目指すだけに、そういう騎乗ができないところがある。良く言えば馬に優しい(だから、勝負にならないと判断したら早めに追うのを止めることが多い)、悪く言えば強引さが足りない。

安藤勝己も同様に読みや、冷静で素早い判断力からの勝利が多いが、横山典弘よりは多少強引に馬を動かす騎乗も多い。

ビービーガルダン


ただ、それもレース中の状況に応じたものがほとんどで、だから、あのフェブラリーステークスで前を行くエスポワールシチーを早めに追いかけず、カネヒキリをギリギリまで待つという大胆不敵な作戦を取れるのだ。並みの騎手ならば、エスポワールシチーに突き放された時点で慌てて追い出しただろう。結果的にサクセスブロッケンに出し抜かれたとはいえ、あの一瞬の冷静な判断には唸らされた。

そんな2人が、今週末のそれぞれのトライアルでおそらく1番人気が予想される有力馬に乗る。
弥生賞に、横山典弘ロジユニヴァース。
チューリップ賞に、安藤勝己ブエナビスタ。

春の足音を楽しみながら、今年のクラシックの鍵を握るこの2頭の始動を、変幻自在な鞍上の手綱捌きにも注目しながら見てみたい。



にほんブログ村 競馬ブログへ

スポンサーサイト

Leading Jockey Climax

落馬


23日の京都5レースでセイウンアレースが故障を発生し、エリザベス女王杯に続き2週連続で武豊が落馬した。ただ、今回の落馬は突然の馬の故障によるもので、走っていて急に馬が倒れるのだから、さすがの武豊も軽傷とはいかなかった。右腕尺骨骨折。
当初は年内絶望とも言われていたが、後日自身のホームページで有馬記念には間に合いたいと意欲を見せている。骨盤骨折の際も驚異的な回復力で早期復帰を果たした武豊だけに、今回も本当に年内にターフに帰ってくるかも知れない。
ただ、早くても有馬記念の1週前もしくは有馬記念の週だろう。

そうなると俄然ヒートアップしてくるのが、リーディングジョッキー争い。

23日までにリーディングをひた走る武豊が挙げた勝ち星は143。これを追って、安藤勝己が109、岩田康誠と内田博幸が107。
差を考えると、武豊が順調に乗れていれば今年もリーディングを守る可能性が高かっただろうが、離脱した以上、この3人の熾烈な争いによる追い上げが期待される。

安藤勝己は昨年同様乗鞍を抑えての数字だし、それを証明しているのが.217という武豊(.220)に迫る高勝率。岩田康誠はG1・3勝を含む重賞12勝が光るし、内田博幸は実質3月からの騎乗での数字だから、3人とも中身は濃い。

武豊の離脱により、メイショウサムソンやウオッカ、ヴァーミリアンなど彼のお手馬、有力2歳馬(リーチザクラウンやミクロコスモスなど)の乗り替わりを含めて、(彼には悪いが)年末にかけて騎手同士の戦いが面白いものになった。
残り5週。3人が武豊の勝ち星にどれだけ迫れるか、もしくは抜き去ることができるか。
ここまででセーフティーリードとも言える勝ち鞍を上げてきて、離脱によってリーディングの争いが白熱するというだけで武豊の存在がどれほど大きいかが分かるが、もちろん彼の早期復帰を願いつつ、佳境にさしかかった今年の競馬を、ジョッキーの争いの面からも楽しみたい。


にほんブログ村 競馬ブログへ

第2回ジョッキーマスターズ

ジョッキーマスターズ2008


秋のG1の谷間、最終レースが終わったあとの日が落ちた東京競馬場のパドックには、地方、海外、JRAの歴戦のジョッキーマスターたちの、本当に楽しそうな笑顔。
まるでG1と見紛うほどの人だかり。パドックにも、スタンドにも、ゴール前にも。

その場には行けなかったけれど、きっとパドックでは多くの檄と励が、ゴール前では「河内!」とか「岡部!」なんて言う、もはや言えなくなった騎手の名前を絶叫する大歓声が響いていたのだと思う。
ジョッキーマスターズは、とても素敵な企画だ。

往年の名ジョッキーとはいえ僕たちがすでに引退した彼らのレースをまだまだ楽しめるのは、彼らがしっかりとトレーニングを積んでから臨んでくること、真剣勝負であること、そして、それぞれに個性あるフォームで素晴らしい技をまだ見せてくれるから。

直線入り口で早くも先頭に躍り出た河内洋は、長い府中の直線をなんとゴールまで持たせてしまった。
地方通算7151勝の鉄人・佐々木竹見が、豪快なフォームで追い詰める。驚くべきことに、彼はすでに67歳だ。
現役時代さながらの少し背中の丸まったフォームで追う岡部幸雄は、こちらも現役さながらに巧みにインに切れ込み、差し返す勢いでゴール前強襲する。
かつてこのターフを世界レコードで駆け抜けたオサリバンは、あのときオグリキャップを競り落としたのと同じ風車ムチをぐるぐる回して食い下がる。

すごいレースだ。
50代60代のおっさんたちとは、とても思えない。

ジョッキーマスターズ2



血統もレースも体系化され、着拾いのレースも多くなってしまった中、いつだって「勝ちに行く」レースをしてきた彼らの追い比べが迫力満点になるのは、ある意味当然かも知れない。
近代競馬、紳士のスポーツなどというけれど、元を辿ればきっと野原で誰が一番速いかを競う、馬が大好きな男同士の意地比べ。そんな競馬の原点を見せてくれた。


そして、そんなマスターたちの白熱のレースが繰り広げられた昨日の東京競馬場には、オグリキャップがいた。

オグリ


オグリキャップが、競馬場にいる。

あぁ、もうそれだけで涙が出てきそうだ。

まだ見学が許されていた優駿スタリオンステーションに会いに行った時には少しボーっとしているようにも見えた。
でも、昨日の彼は久しぶりの大観衆に血が騒いだのか、23歳とは思えぬほど元気。キビキビとパドックを周回する姿からは、若々しさとスターホースのオーラすら漂っていた。
芦毛は高齢になると体質が弱くなるような話もあり心配していたけれど、こうやって多くのファンの前に姿を見せてくれるのは嬉しいことだし、おそらく現役馬以上に気を遣って北海道から大切に輸送してくれたスタッフの努力には感謝したい。

馬と人。
競馬は古来から深く関わる動物同士が奏でるスポーツだから、これほどまでに揺り動かされる。
そして、馬も、人も、引退したあともずっと生きている。

だから、1年に1度のジョッキーマスターズは嬉しいし、競馬場でスターホースがパドックを闊歩する姿を見られることも素敵だ。
やがて、例えば武豊が引退してマスターズで岡部幸雄とまた戦うなんて、想像するだけでワクワクするし、蛯名正義が出てくれば「出遅れるなよ!」と誰かが温かく野次るだろう。
その日はディープインパクトがお披露目だったりしたら、と想像するのも楽しい。

来年とは言わないけれど、ジョッキーマスターズに田原成貴が出てくる日がくればいいな。あの変幻自在の騎乗がまた見てみたい。
無理だろうけれど…。



にほんブログ村 競馬ブログへ

スーパールーキー

三浦皇成


夏競馬真っ盛り。
福島、新潟、函館、小倉。これからは札幌も。
有力ジョッキーはそれぞれの主戦場で夏を過ごし、武豊や岩田は海外にも。
サマーシリーズもそこそこ盛り上がっているし、何といっても2歳の若駒たちの登場にはわくわくさせられる。

昨日行われた今年最初の2歳重賞函館2歳ステークスを見事に差し切って、世代最初の重賞ウィナーになったのが新種牡馬キングカメハメハ産駒のフィフスペトル。
いきなりの重賞勝ち馬を生んだキングカメハメハもすごいが、このレースで最も注目を集めたのは、デビュー年の武豊を上回るスピードで勝ち鞍を量産し、ついに重賞勝ちも手にした若干18歳三浦皇成だろう。

武豊がデビュー年に上げた勝ち数は新人最多勝利記録の69勝。これまで誰も破れないと思われていたこの記録だけれど、三浦皇成はここまでで42勝を上げており、このままのペースでいけば軽く武豊の記録を上回る。
これは確かにすごいことだ。久し振りに現れた超新星かも知れない。
武豊クラスの騎手は何十年かに一人だが、三浦皇成がそのレベルにある可能性は十分にあり、だとしたら僕らは今歴史の目撃者になっていることになる。

所属厩舎の調教師である河野師の後押しも確かに強力だが、それに勝ち鞍で答えを出しているところに価値がある。
技術も新人離れしているし、何よりもレースに行っての度胸と冷静さは目を見張るものがある。

ただ、真価を問われるのはこれからだ。
福永祐一は初騎乗から2連勝し、その年53勝を上げて最多勝利新人騎手賞を獲った。武幸四郎はデビューから2日目で重賞マイラーズカップを勝ち、同じく最多勝利新人騎手賞。
この2人も三浦皇成と同じように騒がれたが、結局武豊クラスにはなり得ていない。

三浦皇成は今年おそらく武豊の新人騎手最多勝利記録を塗り替えるだろう。
だが、勝負は2年目以降だ。
武豊は2年目で113勝を上げ、史上最年少で関西リーディングジョッキーに輝き、菊花賞をスーパークリークで勝った。
他騎手からのマークが厳しくなり、斤量の恩恵がなくなってからさらにどれだけ勝ち鞍を伸ばせるか。G1という極限のプレッシャーがかかる舞台で、どれだけ輝きを放てるか。
2年目3年目、さらにはこれまで武豊が積み上げてきた記録のスピードと質量に遅れを取らず、追い越していくことは至難の業だ。
いつまで武豊と比較され続けられる存在でいられるか。僕らは今、歴史を目撃しているのか。
期待を持って、このスーパールーキーの今後に注目していきたい。

にほんブログ村 競馬ブログへ

役者はそろった

ウチパク

中央入りが待ち望まれていた、現在のところ最後の大物である大井の内田博幸のJRA移籍が決まった。
地方通算3145勝。一昨年は最多勝記録となる年間524勝という大記録をマークし、念願のJRA・G1もNHKマイルカップで決め、いよいよ中央に乗り込んでくる。
早速2歳チャンピオンであるゴスホークケンとのコンビや、高松宮記念でG1制覇を目指すサンアデュの騎乗が決まるなど、その腕がやはり関係者にも広く知れ渡っていることを早くも証明し始めている。

地方と中央の騎乗の問題など細かいところを考えれば、まだ改善していくべき部分はあるだろうが、純粋に腕のある騎手が一所に集まってその技術を競うことは、スポーツとして本来あるべき姿だろう。
安藤勝己、岩田康誠の大活躍により、地方のトップジョッキーが中央でも通用することはもはや周知の事実。いや、逆に中央の騎手で彼等と対当に戦えるのは武豊だけではないかとも思える。
毎年武豊の独壇場だった騎手3冠部門で、昨年は安藤が最高勝率の牙城を奪った。岩田は途中までリーディングを引っぱり、最後まで勝利数で武豊に肉薄した。
ここに、内田が参戦してくる。
昨年以上に白熱した騎手同士の戦いが繰り広げられそうで、今からワクワクするほど楽しみだ。

 HOME 

INFORMATION

tell72
  • Author: tell72
  • welcome !

CATEGORY

RECENT ENTRIES

SEARCH


COMMENTS

TRACKBACKS

LINKS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。