スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忘れられないBig Wave

角居調教師が会見で語ったように、まさしくウオッカの競争人生は挑戦の繰り返しだった。だから、競馬界や競馬ファンを丸ごと大きなうねりに引きずり込んで駆け抜ける、ビッグウェーヴのような馬だった。
矢のような末脚で阪神JFを制したあとにオープン特別エルフィンステークスを使ったときは、クラシック前に使い過ぎだという批判も巻き起こった。エルフィンステークス、チューリップ賞を連勝して挑んだ桜花賞で宿敵ダイワスカーレットの前に2着と敗れたときには、やっぱりエルフィンステークスが余計だったと揶揄された。
それでも彼女は日本ダービーに挑戦を決めた。桜花賞も勝てない牝馬がダービーを獲れるわけがない、とやっぱり言われる。
そして、いつもいつも彼女はそんな外野を黙らせるのだ。

kba1003071710027-p3.jpg


馬場の真ん中からただ1頭の牝馬が3馬身突き抜けたときの衝撃は、言葉ではとても言い表せない。しかも舞台はクラシック最高峰、日本ダービーだ。
一瞬の沈黙があって、怒涛の興奮が巻き起こる。もしかしたら物凄いものを観てしまったのではないかというどよめきが起こり、なんとかそれを整理してから拍手喝采の嵐が起きる。まさに、ビッグウェーヴだ。

3歳春の時点で古馬に挑戦(宝塚記念8着)し、秋にはエリザベス女王杯を直前で取り消したあともジャパンカップ(4着)、有馬記念(11着)と古馬牡馬に混じって王道を歩む。
4歳になってドバイで敗れ(デューティーフリー4着)、ヴィクトリアマイルでも敗れる(2着)。波はいったん引くからこそ、また大きな波となって僕たちを飲み込む。だから、ウオッカの勝利はいつでも劇的だ。
安田記念(1着)で復活し、毎日王冠(2着)でいったんまた引いたあと、あの大きな大きな波がやってきた。

kba1003071710027-p6.jpg


誰も忘れることのできない、第138回天皇賞。2センチ差で雌雄を決した宿敵との名勝負。1分57秒2というレコードタイムプラス15分間の写真判定。

ジャパンカップでまた敗れ(3着)、翌春ドバイでもまた敗れる(ジュベルハッタ5着、デューティーフリー7着)。

でも、この頃になると僕たちはもう知っていた。次にまた大きな波が来ることを。ワクワクして、待っていた。
ヴィクトリアマイルと安田記念を連勝し、G1を6勝目。夢は、牡馬をも含むG1最多勝利の更新。

でも、僕たちは波はいったん引かなければならないことも、もう知っていた。
毎日王冠2着、天皇賞3着。

ジャパンカップ、1着。

kba1003071710027-p9.jpg


だから、先週マクトゥームチャレンジで敗れた(8着)ときも、相変わらずウオッカらしいなと思ったじゃないか。本番であるドバイWCという世界最高峰の花道で、見たこともない高波に乗せてくれて、見たこともない景色をまた見せてくれると確信していたじゃないか。

だから、鼻出血での、花道前の引退という結果は無念だけれど、それもまたウオッカらしいのかな、と思ったりもする。
挑戦を繰り返し、G1を7つも勝ち、獲得賞金も牝馬最高、牡馬に混じっても3番目という名馬でありながら、どこか憎めないかわいらしさがウオッカにはあった。だって、負けるんだもの。そして、勝つときは圧倒的に勝つんだもの。
だから、最後の最後にまた一杯食わされた気がして、ウオッカ、そう来たか~とか思っちゃったり。

うわ~!うわ~!とはしゃぎながらウオッカが立てた波に翻弄されてきた、3年4カ月。とても楽しかった。だからもちろん寂しいけれど、楽しい時期は終わるものだよね。ありがとう。

偶然かどうか、ダイワスカーレットがウオッカの引退と時を同じくしてお母さんになった。新しいステージでも同じように彼女は前を先行する。ウオッカはこれから追い出しにかかる。

さぁ、どんな末脚を見せてくれるのかな。

スポンサーサイト

 HOME 

INFORMATION

tell72
  • Author: tell72
  • welcome !

CATEGORY

RECENT ENTRIES

SEARCH


COMMENTS

TRACKBACKS

LINKS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。