スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがとう

今でも目を瞑れば、一瞬であの日に戻ることができる。
1990年12月23日。僕は山梨県にあるウィンズにいた。大画面でグランプリを観戦し、走るサラブレッドの姿に心揺さぶられていた。
最後の直線では初めてあれほどの歓声を聞き、ゴール後には初めてあれほどのコールを聞いた。
僕が競馬にのめり込んだ日だった。




あれからもう20年近くになるのか。
オグリキャップのバリバリの現役時代に間に合わなかった者として、僕はまたあれほどの馬に巡り会いたい気持ちのままずっと競馬を観続けている。
でも、もちろんまだ巡り会えていない。

北海道で遠くから見たときの、彼の真っ白な馬体が忘れられない。静かな、彼に初めて出会ったときのどよめきとは正反対の、冬の放牧地の静けさに佇む彼が、忘れられない。

オグリキャップはもうこの世にはいない。
僕はまだ彼ほどのサラブレッドに会えていない。でも、あの日の彼の姿に惚れて20年。たくさんの名馬や名レースに出会えた。オグリキャップはオグリキャップでしかなく、他の誰でもなかった。
だから、また会いに行きたかったな。そのことが分かったから、僕を競馬に引き摺りこんでくれたお礼を言いに。

彼が亡くなった日。あの日2着だったメジロライアンが函館競馬場で元気な姿を見せてくれた。わざわざ彼を送りに来たみたいだった。
こういうことがあるから、競馬は止められない。

本当にありがとう、こんなに素敵な世界を見させてくれて。最後までドラマティックに走り抜けてくれて。

スポンサーサイト

 HOME 

INFORMATION

tell72
  • Author: tell72
  • welcome !

CATEGORY

RECENT ENTRIES

SEARCH


COMMENTS

TRACKBACKS

LINKS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。