スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年を振り返る

まだ地方競馬は続いているし明日には地方競馬のグランプリ東京大賞典も控えているが、有馬記念は終了したことだし、とりあえずは今年のJRA競馬を振り返ってみたい。

まずは何といっても牝馬による64年振りのダービー制覇という偉業を成し遂げたウオッカ。
vocka

男勝りの馬体、醸し出すオーラ。このダービー制覇を頂点に輝きを放っていた春シーズンだったが、宝塚記念惨敗で狂ったリズムを秋になっても変えられなかったのは残念だ。
有馬記念の回顧でも書いたが、ただでさえ重いダービー馬故の宿命を、牝馬にして背負っていかなければならないその未来は過酷だが、しかし、ダービー馬にしか放ち得ない輝きを、もう一度見せてくれるときが来る。そう信じて、古馬になったウオッカの戦いを見守りたい。

もう一つ今年達成された歴史に残る偉業が、武豊の岡部超え、JRA通算2944勝だろう。その達成スピードは恐るべき速さだ。しかも、彼は3000勝にまで上り詰め、一時は遅れを取っていたリーディングも最終的には156勝を上げてその座を守った。やはり、来年以降もこの男を中心に競馬界は回っていきそうだ。
ただ、武豊のこの前人未到の大記録があったにも関わらず、昨年までほどには彼の独壇場ではなかった印象が強いのは、地方からJRAに移って2年目で145勝を上げた岩田康誠の大躍進と、手綱捌きに熟練味が増してきた安藤勝己の存在が大きい。
特に、乗り鞍を抑えて136勝を上げた安藤勝己はダイワ旋風とともにG1も6勝し、勝率で武豊を上回る.238という好成績。
アンカツ

地方時代やJRA移籍直後は豪腕のイメージが強かったが、最近では馬への当たりも柔らかくなったように感じる。
大舞台で強いのは昔からだが、今年は.524という圧巻の複勝率が示す通り安定感でも群を抜いていた。その活躍は武豊が霞むほど。素晴しい一年だったに違いない。
来年2月からは内田博幸のJRA移籍が確実視されている。武豊、岩田康誠、安藤勝己、そして、内田博幸。リーディング争いが今年以上に激しく、興味深い戦いになることは間違いないだろう。

馬インフルエンザによる騒動も今年を振り返る上で欠かせない話題だ。
ただ、今思うと一週だけの中止、代替開催の実施など、JRAの対応は適切で迅速だったと思う。
しかし、そのおかげで海外遠征を取りやめざるを得なかった馬が多数出たのは残念だった。ファンの立場としては、だからこそ秋の国内G1に有力馬が集まって盛り上がったとも言えるが…。

こうして振り返ってみると、今年は歴史に残る話題が多い年だったことに気付く。
競馬をしていると一年間が本当に短く、競馬は来年も続き、歴史は巡り行く。
今年引退したダイワメジャーは、アドマイヤムーンはどんな子を生み出すのだろう。そんなことを楽しみにしていると、1年どころではなく2~3年があっという間だ。

だから、競馬は止められない。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:http://eternaljourney72.blog101.fc2.com/tb.php/18-a23de72a

 HOME 

INFORMATION

tell72
  • Author: tell72
  • welcome !

CATEGORY

RECENT ENTRIES

SEARCH


COMMENTS

TRACKBACKS

LINKS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。