スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

史上最強牝馬

僕は、強い牝馬が好きだ。牡馬に混じって一歩も引かず、懸命に勝負する姿は、ついつい応援したくなるものである。また、そんな彼女たちが牧場に戻り、すっかりお母さんの顔をしているのを見たりすると、胸と目頭が熱くなる。

air groove1

エアグルーヴはとても強い牝馬だったけれど、よく言われるような「女傑」といった雰囲気はなかった。彼女はとても美しくて優雅で、でも、力強い身体をしなやかに躍動させて走った。

オークス馬ダイナカールを母に持ち、父はトニービン。
牧場で初めてエアグルーヴを見た伊藤雄二師は「男馬だったらダービー馬だな」とつぶやき、チューリップ賞を楽勝したあとにオリビエ・ペリエは「桜花賞はほぼ間違いない」と未練を残したままフランスへ帰った。
生まれついてからそれだけの逸材であり、実際桜花賞は熱発で回避したものの、オークスでは不利を受けながらもきっちりと勝ち、母娘2代制覇という偉業を達成する。

ただ、彼女が強烈なインパクトを(誰から見ても)放つようになったのは、やはり古馬になってからの牡馬との戦いにある。

秋華賞のレース中に骨折したエアグルーヴは、治療を終えて翌年のマーメイドステークスで復帰。骨折明けのハンデをものともせず、同性相手に力の違いを見せつけて快勝。その後の札幌記念でも、牡馬相手に楽勝。伊藤雄二師の相馬眼通り、男馬と互角以上の戦いができることを証明し、いよいよ歴史的天皇賞へと駆け上がる。

1997年10月26日。秋の天皇賞の一番人気は前年の覇者バブルガムフェロー。エアグルーヴは2番人気だった。
翌年怒涛の6連勝の快進撃をする快速サイレンススズカが速いペースで引っ張り、そのおかげで力の勝負に持ち込まれた。
直線、抜け出したのはバブルガムフェローと、エアグルーヴ。
長い長い府中の直線で最後まで見ごたえのある叩き合いが続き、結果、首だけ先にゴールに飛び込んだのはエアグルーヴだった。
air groove2

17年振りの、牝馬による天皇賞制覇。もちろん僕にとって、古馬王道路線のG1で牝馬が勝つところを目にしたのは初めての経験だった。
身体は感動に震え、この凄まじい牝馬に出会えたことに感謝すらした。

このあとも彼女は堂々と王道を歩む。
続くジャパンカップは世界の強豪ピルサドスキーのハナ差2着。有馬記念はアタマ、クビ差の3着。
勝つことこそできなかったが、その力が牡牝関係なく日本トップクラスであることを証明していく。
airgroove3

結果、1997年の年度代表馬に選出され、その頃にはすでに「史上最強牝馬」の称号は誰もが認めるところとなっていた。

明けて5歳。
現役を続行したエアグルーヴだったが、産経大阪杯こそ勝つものの、鳴尾記念2着、宝塚記念3着、札幌記念1着、エリザベス女王杯3着。
堅実には走るものの、格下に足元をすくわれるレースも多かった。

ただ、続くジャパンカップではエルコンドルパサーの2着に入る。
これが、彼女が僕に与えてくれた、最後の衝撃だった。
世界の強豪が競う国際G1、しかも府中の2400というタフなコースで、2年連続2着というのは素晴らしい偉業だと感じる。活躍期間が短いとされている牝馬にとってはなおさらではないだろうか。
天皇賞制覇ももちろん歴史に残る偉業ではあるけれど、このJC連続2着という成績にこそ、彼女の根性と息の長い底力が反映されているような気がするのだ。

引退レースとなった有馬記念では、落鉄の不運もあって5着と沈んだエアグルーヴ。
ただ、引退後も良き母として初年度からアドマイヤグルーヴという素晴らしい長女を送り出し、僕はその娘に深い感情移入を覚えて、いつしか母の幻影を追い求めてしまうというアドマイヤグルーヴには申し訳ないことをしてしまうのだが、それはまた別の話。

エアグルーヴ引退後、スイープトウショウやカワカミプリンセス、ウオッカやダイワスカーレットといった強い牝馬はたくさん出てきた。そして、そのたびに僕はエアグルーヴと比較する。そして、いつも思うのだ。
やはり、エアグルーヴこそ、少なくとも僕の中では、未だ「史上最強牝馬」なのだと。

スポンサーサイト

コメント

牝馬3冠の栄光を手にしてさえ、古馬戦線で牡馬に勝つのは容易じゃない。強い強いと言われながらも、蓋を開けてみればやっぱりってことはよくある話。でもそんな中でもエアグルーヴの強さは本物だったみたいだね。
そういえば、僕が初めて競馬場で生のレースを見たのは、彼女がエルコンドルパサーの2着に入ったジャパンカップでした。でもその頃は競馬の知識なんてほとんどなかったから、何がどうすごいのかなんてさっぱり分からなかったなぁ。
僕にとっての牝馬最強は、今のところダイワスカーレット。目の怪我の具合はどうなんだろう。昨年の有馬記念を見て、彼女なら今後も歴戦の牡馬と互角に渡り合える逸材だと確信しました。
強い牝馬の、美しく華麗なる走りを、これからも応援していきたいですね。
  • |2008-03-17|
  • ryuu #xKxFEW9U
  • URL
  • 編集 ]
うん、エアグルーヴはむしろ古馬になってからの方がインパクト強かったね。なにしろ骨折した秋華賞と落鉄した有馬記念以外は馬券圏内外してないから。しかも、古馬になってからは堂々と王道路線を歩んでのものだからね。今思い返してみてもすごかったよ。

ダイワスカーレットにももちろん期待だよね。当面の目標は産経大阪杯からヴィクトリアマイルらしいけど、その後は宝塚とか、秋には天皇賞とか行ってほしいね~!
  • |2008-03-17|
  • tell #-
  • URL
  • 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:http://eternaljourney72.blog101.fc2.com/tb.php/21-010f0547

 HOME 

INFORMATION

tell72
  • Author: tell72
  • welcome !

CATEGORY

RECENT ENTRIES

SEARCH


COMMENTS

TRACKBACKS

LINKS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。