スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第68回桜花賞 展望

リトルアマポーラ

いよいよ明日は今年のクラシック第一弾、桜花賞。まだまだ若い乙女たちの決戦。しかも、今年は重賞を2つ勝っている馬がいないという大混戦。予想は、難しい。

これまで連を外していない2歳女王トールポピーにはもちろん一目置くが、その勝ち方は接戦が多く圧倒的存在とまでは言えない。
ここは勝負として、別の馬から入りたい。

桜花賞と同じ阪神マイルで2戦2勝。牡馬相手の京成杯ではマイネルチャールズの0.2差4着。タフな府中のマイルで勝ち上がったリトルアマポーラで勝負してみたい。
先にも書いたように混戦である故、もちろんこの馬にも不安要素はある。前走の大幅馬体減、クイーンカップからの直行、鞍上が人気馬の武幸四郎…。
ただ、今のところサンデーサイレンスの最優良後継種牡馬であるアグネスタキオンの血に、末の破壊力に賭けてみたい。

相手には安藤勝己操るオディール。阪神JFでは追い込み馬有利の流れで先行して4着、前走チューリップ賞では逆に前有利の流れで追い込んで3着。つまり、レースの流れと正反対の位置取りで小差の勝負に持ち込んでいる。同じ2つのレースで流れに乗って1着、2着のトールポピーと、少なくとも実力は互角。本番に強いアンカツの力が加わり、2歳女王よりも上に取りたい。

そして、やはり安定感あるトールポピーだが、混戦故、他の馬も手広く警戒する。
希少な血ながら2頭もこの舞台に送り込んできたウォーエンブレム産駒の2頭ブラックエンブレムとエアパスカル、小柄ながらも切れ味鋭いマイネレーツェル、岩田が無気味なベストオブミー、3連勝中のソーマジック、阪神JF3着のエイムアットビップ、全走不可解な敗戦も巻き返しが期待されるエーソングフォー、相手なりに走れるレジネッタとシャランジュ、そして、最内から積極的に逃げたときのデヴェロッペまで。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:http://eternaljourney72.blog101.fc2.com/tb.php/25-9f7dd8bd

 HOME 

INFORMATION

tell72
  • Author: tell72
  • welcome !

CATEGORY

RECENT ENTRIES

SEARCH


COMMENTS

TRACKBACKS

LINKS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。