スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第68回皐月賞 回顧

2008皐月賞結果

混戦でどの馬にもチャンスがあり、荒れてきた中山と良発表とは言えまだ重い芝を利用すれば、上手く乗れば勝つことができる。言い換えれば激しいせめぎ合いの見応えあるレースを期待していたのだが、その点では期待外れのレースになってしまった感がある。

前半1000mが61秒4。馬場状態を考慮しても、やっぱりスローペース。
スタートから果敢に押してレースを引っ張った川田のキャプテントゥーレを誰も捕まえに行こうとしない。
「動けば負け」、だから「動くに動けず」。その騎手心理も分からないではないけれど、クラシックのG1の舞台で折り合いや位置取りばかりを優先して、その結果馬の力を、エネルギーを100%出さないまま終わるというのは少し違うのではないか。

勝ったキャプテントゥーレの川田だけが攻めのレースをしたように見えた。
前述したように、スタートから何が何でもハナに行くという姿勢。そして、マイペースで逃げているときには直線に向いてからスパートしがちなのを、彼は3~4コーナーで迷いなく手綱をしごいて後続を引き離し始めた。他馬の攻撃がなかったとはいえ、この積極果敢な姿勢が勝利を引き寄せたのではないか。
デビュー5年目、同じように活躍する同期(吉田隼人や藤岡佑介)で一番乗りのG1制覇がクラシック。ガッツポーズは控えめだったが、初めて味わうG1勝利の味は格別だったに違いない。この騎乗姿勢と勝利で、さらなる飛躍が期待できそうだ。

そつなくインを突いた(突けた?)2着の柴田善タケミカヅチ、また、動くに動けなかった3着マイネルチャールズ(1番人気故に彼の場合はある程度仕方ないが)は、体調さえ維持できていればダービーでも有力候補だろう。

さらに、直線で前が詰まりながらもゴール前の脚色がもっとも目立った4着レインボーペガサスも、ダービーに行って楽しみな存在だ。

ただ、やはり牝馬路線同様混戦は続きそうで、別路線組も加えて慎重に見極める必要がありそうだ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:http://eternaljourney72.blog101.fc2.com/tb.php/28-a6f9114f

 HOME 

INFORMATION

tell72
  • Author: tell72
  • welcome !

CATEGORY

RECENT ENTRIES

SEARCH


COMMENTS

TRACKBACKS

LINKS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。