スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第58回安田記念 回顧

vocka

ウオッカの鮮やかな復活勝利。
ウオッカの輝きだけが眩しい。そんなレースとなった。

ドバイ帰りの寂しい馬体だったヴィクトリアマイルから、8kg増やしての迫力ある馬体。好スタートから3番手、道中も終始4~5番手を追走する岩田の好判断。
そして、それに見事な形で答えたウオッカ。
4コーナー過ぎ、内から一瞬の内に3馬身突き抜けたときの脚には、鳥肌が立った。
それにしても、オークスのトールポピーといい、調子が落ちると長引く傾向のある牝馬を短期間で立て直す角居調教師の手腕は見事と言う他ない。
ウオッカの復活は競馬界にとって、とても明るいニュースとなる。このあとは宝塚記念を回避して、秋に備えるという判断も好ましい。
秋の府中。天皇賞で、ジャパンカップで、もう一度鳥肌の立つ走りを待っている。

2着は香港のアルマダ。前評判通り、直線早めの先頭から(ウオッカには一瞬で置き去りにされたが)粘る粘る。
東京競馬場をよく知る名手ホワイトの騎乗も頼もしかったし、持ち味は存分に発揮したが、いかんせん相手が悪かった。

3着に、こちらも内を突くファインプレイで福永が導いたエイシンドーバー。
福永はこういう伏兵馬を、巧みに2~3着に滑り込ませるのが本当に上手い。

1番人気スーパーホーネットは出負けも響いて、落ち着いてレースを運ぶことができなかった。それに、府中というタフなコースだと1400が精一杯の印象も残した。
秋のマイルチャンピオンシップではもう少し頑張れるのではないか。

スズカフェニックスも外枠から直線差し脚を伸ばす自分のレースに徹したが、外が伸びない(というか内が伸びる)馬場もあり、届かずの5着。
ただ、この馬もやはり今では府中のマイルというのは少し長いのではないか。4着エアシェイディに差し負けているし、スプリントや1400のときのように最後まで伸び切れない。

香港最強とされたグッドババはマイナス15kgの身体のせいか、輸送に弱いのか、スタート前から汗をかいてイレ込んでいた。直線でごちゃついたのも痛かった。
本来の力ではないのだろうが、17着にはちょっと期待外れだった。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:http://eternaljourney72.blog101.fc2.com/tb.php/34-ae320c3c

 HOME 

INFORMATION

tell72
  • Author: tell72
  • welcome !

CATEGORY

RECENT ENTRIES

SEARCH


COMMENTS

TRACKBACKS

LINKS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。