スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

衝撃のSS革命

ss2

初年度からベガで桜花賞とオークス、ウィニングチケットでダービーを獲ったトニービン。その翌年に、こちらも初年度で3冠馬ナリタブライアンを送り出したブライアンズタイム。
でも、その翌年に初年度産駒を送り出したサンデーサイレンスの衝撃は、上記2頭よりもずっと上だった。

違いは層の厚さだった。
実に初年度の産駒32頭中20頭が勝ち上がり、プライムステージが札幌3歳ステークス(現2歳ステークス)で重賞初勝利、初G1勝利はフジキセキの朝日杯3歳ステークス(現朝日杯FS)。4歳牝馬特別(現フィリーズレビュー)を勝ったのはサイレントハピネスで、桜花賞は2着ダンスパートナー、3着プライムステージ。オークスはダンスパートナーが勝利した。
産駒の中でも飛びぬけて評価の高かったフジキセキが無敗で弥生賞を制してリタイアしてしまったあとも、皐月賞をジェニュイン、ダービーをタヤスツヨシが勝利。
僕たちが驚いたのは、まさしくその層の厚さにだった。

サンデーサイレンスはアメリカの2冠馬。良血イージーゴアと繰り広げられた激戦は有名だが、アメリカでの種牡馬としての評価はイージーゴアに完敗で、結果的に社台が種牡馬として購入。25億円のシンジケートが組まれた。
そして、いきなり上記のような大爆発。
その後も快進撃はとどまるところを知らず、1995年から2007年まで13年連続してリーディングサイアーの座を守っている。

どうしてここまで大成功したのだろう。
サンデーサイレンスは、その産駒を振り返れば分かるとおり、母系の特徴を最大限に引き出し、さらにそこに自身の血の強さを加えてきたのではないかと思う。
代表産駒を数え上げることなど不可能だけれど、例えばダンスインザダークがいればデュランダルがいる。スペシャルウィークがいれば、ビリーヴがいる。ゴールドアリュールのようなダート馬もいるし、サイレンススズカのような快速馬もいる。あるいは、トゥザヴィクトリーのような芝・ダート兼用馬も。
さらには牡牝で3冠馬(ディープインパクトとスティルインラブ)を送り出している唯一の種牡馬でもある。
このことは、サンデーサイレンスの血が(おかしな言い方かもしれないが)いかに柔軟だったかを物語っている。

残念ながら2002年5月、蹄葉炎を発症し、8月19日に衰弱性心不全のため死亡したが、その晩年にもダイワメジャーやハーツクライといった一流馬を送り出し、ラストクロップの1世代前に最高傑作ディープインパクトを送り出したことからも分かるように、その血が年齢とともに衰える傾向も見えなかった。

この偉大な種牡馬が日本競馬に残してくれた財産はとてつもなく大きい。
大きすぎて困るくらいだ。(種牡馬にも繁殖牝馬にもSS系があふれ返っている)
でも、この財産をきちんと使って、日本の競馬界は世界に打って出なければならない。ディープインパクトの無念を、晴らさなければならない。
そして、この偉大な血を世界に広めることこそが、彼に対する最大の恩返しになると思うのだ。

にほんブログ村 競馬ブログへ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:http://eternaljourney72.blog101.fc2.com/tb.php/35-ba4c338f

 HOME 

INFORMATION

tell72
  • Author: tell72
  • welcome !

CATEGORY

RECENT ENTRIES

SEARCH


COMMENTS

TRACKBACKS

LINKS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。