スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーパールーキー

三浦皇成


夏競馬真っ盛り。
福島、新潟、函館、小倉。これからは札幌も。
有力ジョッキーはそれぞれの主戦場で夏を過ごし、武豊や岩田は海外にも。
サマーシリーズもそこそこ盛り上がっているし、何といっても2歳の若駒たちの登場にはわくわくさせられる。

昨日行われた今年最初の2歳重賞函館2歳ステークスを見事に差し切って、世代最初の重賞ウィナーになったのが新種牡馬キングカメハメハ産駒のフィフスペトル。
いきなりの重賞勝ち馬を生んだキングカメハメハもすごいが、このレースで最も注目を集めたのは、デビュー年の武豊を上回るスピードで勝ち鞍を量産し、ついに重賞勝ちも手にした若干18歳三浦皇成だろう。

武豊がデビュー年に上げた勝ち数は新人最多勝利記録の69勝。これまで誰も破れないと思われていたこの記録だけれど、三浦皇成はここまでで42勝を上げており、このままのペースでいけば軽く武豊の記録を上回る。
これは確かにすごいことだ。久し振りに現れた超新星かも知れない。
武豊クラスの騎手は何十年かに一人だが、三浦皇成がそのレベルにある可能性は十分にあり、だとしたら僕らは今歴史の目撃者になっていることになる。

所属厩舎の調教師である河野師の後押しも確かに強力だが、それに勝ち鞍で答えを出しているところに価値がある。
技術も新人離れしているし、何よりもレースに行っての度胸と冷静さは目を見張るものがある。

ただ、真価を問われるのはこれからだ。
福永祐一は初騎乗から2連勝し、その年53勝を上げて最多勝利新人騎手賞を獲った。武幸四郎はデビューから2日目で重賞マイラーズカップを勝ち、同じく最多勝利新人騎手賞。
この2人も三浦皇成と同じように騒がれたが、結局武豊クラスにはなり得ていない。

三浦皇成は今年おそらく武豊の新人騎手最多勝利記録を塗り替えるだろう。
だが、勝負は2年目以降だ。
武豊は2年目で113勝を上げ、史上最年少で関西リーディングジョッキーに輝き、菊花賞をスーパークリークで勝った。
他騎手からのマークが厳しくなり、斤量の恩恵がなくなってからさらにどれだけ勝ち鞍を伸ばせるか。G1という極限のプレッシャーがかかる舞台で、どれだけ輝きを放てるか。
2年目3年目、さらにはこれまで武豊が積み上げてきた記録のスピードと質量に遅れを取らず、追い越していくことは至難の業だ。
いつまで武豊と比較され続けられる存在でいられるか。僕らは今、歴史を目撃しているのか。
期待を持って、このスーパールーキーの今後に注目していきたい。

にほんブログ村 競馬ブログへ

スポンサーサイト

コメント

お勧めブログ
  
公開予想で7連勝は本当にすごいと思います
私のお勧めブログです

http://blog.livedoor.jp/tokyo_gp/
 
  • |2008-08-12|
  • ブログ村長 #8ZZjeDMI
  • URL
  • 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:http://eternaljourney72.blog101.fc2.com/tb.php/37-02318920

 HOME 

INFORMATION

tell72
  • Author: tell72
  • welcome !

CATEGORY

RECENT ENTRIES

SEARCH


COMMENTS

TRACKBACKS

LINKS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。