スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第32回エリザベス女王杯 回顧

レース当日の朝になって発表された一番人気馬ウオッカの回避。これによって3歳2強対決の構図は崩れ、ダイワスカーレット1強対古馬との戦いにレースの焦点は移った。
と同時に、ウオッカの強烈な末脚を先行勢は意識する必要はなくなり、追い込み勢では全盛期の勢いはないスイープトウショウ、いつも今一歩のディアデラノビアやアドマイヤキッスの存在しかなくなった。これは先行勢にとって大きな違いであり、結果、やはりレースは逃げたダイワスカーレットの形に作り上げられ、淡々としたスローペースから早めのスパート。上がり34秒1でまとめ上げられれば追い込み勢の出番はない。
ウオッカがいればあの展開を差し切れたかというと、きっと届かなかっただろう。しかし、ここがレースの面白いところで、ウオッカがいたらあの展開にはなっていない可能性は高いと思うのだ。
もちろん、ダイワスカーレットは自分のレースを守ろうとするだろうが、ウオッカの脅威を感じているのと感じていないのとでは少なからず仕掛けのタイミングが違ってくるはずだから。また、フサイチパンドラやアサヒライジングにしても同じく、後ろに強力な馬がいるのといないのとでは大違いで、ウオッカがいても今日のように自分のレースに徹し切れたかどうか。ウオッカも勝ちにいくでだろうから、早めに進出していたはずだ。

elizabeth


アサヒライジングが出遅れたとはいえ、もちろん今回もレースを作って後半4ハロンは11秒台を連発して突き放したダイワスカーレットは相当強い。番手を進むアサヒライジングがもっとプレッシャーをかけられなかったのかとか、スローを感じているのにディアデラノビアやアドマイヤキッスはもう少し前につけようと動けなかったのかとか色々と言われるだろうが、分かっていても誰も動けなかったのは騎手心理。皆自分の馬がかわいいのであり、自分の馬にとっての理想の位置取りにつけているのであり、玉砕覚悟で下手に動くよりはこのまま我慢してこの馬のレースをしようと思ってしまうのは当然のことだろう。また、この形を作ったのは他ならずダイワスカーレットの能力とそれを熟知した安藤勝己の技術なのだから、勝者は称えられて然るべきだと思う。一見とても楽に勝っているように見えるが、他の馬が動くに動けなかったのは、勝者のレース運びに一分の隙もなかったからだ。
昨年と一昨年の女王を引き連れての、力強い勝利だった。

ウオッカの回避の原因は凱旋門賞を断念したときと同じ蹄球炎らしい。今回は残念だったが、何しろ64年振りにダービーを制した牝馬。焦らずじっくりと治して復帰してもらいたい。

最後に、スイープトウショウがこのレースで引退を決めた。レース前のパドックで池添騎手には告げられたという。そして、おそらく今の時点での能力を出し切っての3着。ジョッキーも内を突いての好騎乗だった。
調教が出来なかったり、返し馬が出来なかったりしたやんちゃ娘。それでいて、G1を3勝。特に一線級牡馬を正攻法で打ち破った宝塚記念は素晴らしかった。
こういう個性派がいなくなるのは寂しい限りだが、良いお母さんになって、子供達をターフに送り出すという大仕事が待っている。
記憶にも記録にも残る名牝。お疲れ様でした。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:http://eternaljourney72.blog101.fc2.com/tb.php/4-8d02d367

 HOME 

INFORMATION

tell72
  • Author: tell72
  • welcome !

CATEGORY

RECENT ENTRIES

SEARCH


COMMENTS

TRACKBACKS

LINKS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。