スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Keep Dreamin'

サムソン

改めて思い知らされる、ヨーロッパのタフな競馬。

2年越しの夢を賭けて、日本競馬の期待を背に、勇躍凱旋門賞に挑んだメイショウサムソンは、しかし、10着と壁に跳ね返された。

4番ゲートに誘導されたメイショウサムソンは、ゲート入りしてすぐのスタートに戸惑う。
何とか出遅れずにスタートできたものの、好位を取りにいくためにスピードが乗ったところで、左右から進路を防がれる。
道中は日本競馬のようにバラけない。びっしりと馬体を併せて密着した馬群はそのままの状態で直線まで続き、武豊は外に出すことが出来ず、腹をくくって最後の直線でインを突く。
だが、またしても他馬に豪快に体当たりされ、開いたスペース目掛けて必死に抜け出しを図るものの、もう余力はなかった。

度重なる不利を嘆いているのではない。そんな生温いことを言っていたら、いつまでたっても世界の頂点には立てないのだ。
パドック、ゲート入り、ペース、道中、芝の質、他馬やジョッキーのレベル…。全てにおいて、日本とは異なる。まるで、違う競技のように。
でも、それでも世界に挑むならば、やはりじっくりと腰を据えての挑戦が必要なのだろう。
確かに大金が必要かも知れない。
それでも、世界の頂点に立つためには…。

勝ったザルカヴァは強かった。歴史に残る牝馬になるだろう。メイショウサムソンと同じような位置取りから、一瞬にして突き抜けた。
メイショウサムソンは、例え好位につけていたとしても負けていただろう。
世界の競馬で互角の勝負をするには、少なくとも誰にも負けない勝負根性と非凡な瞬発力が必要だ。
そう考えると、やはりエルコンドルパサーとディープインパクトは別格だったと思える。

ただ、メイショウサムソンの仕上げは完璧に近かったように思う。
異国の地で、初挑戦で、ここまで仕上げた陣営は批判されるべきではない。
また、勝ちにいくために直線思い切って内を突いた武豊の騎乗も、同じく批判することはできない。

いつの日か、その頂へ。
夢はまだまだ続く。


にほんブログ村 競馬ブログへ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:http://eternaljourney72.blog101.fc2.com/tb.php/44-b8591e76

 HOME 

INFORMATION

tell72
  • Author: tell72
  • welcome !

CATEGORY

RECENT ENTRIES

SEARCH


COMMENTS

TRACKBACKS

LINKS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。