スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第13回秋華賞 展望

マイネレーツェル


大荒れの桜花賞、オークスに続き、前哨戦も勝ち馬が一定しない相変わらずの混戦3歳牝馬路線。
本当に少しの要素の違いで着順が入れ替わる、能力紙一重の世代なのだろう。
ましてや舞台は京都の内回り。
予想は難しい。

思い切ってマイネレーツェルに期待した。
直線だけの追い込みでレジネッタと0.3差の桜花賞、直線不利があったオークスを度外視して、休み明けのローズSはやはり力のあるところを見せて叩き2走目の桜花賞馬を差し切り。
小さな馬だけに休んでの馬体増は歓迎だし、唯一の4勝馬の根性に期待する。

対抗は迷った(本命も迷ったが)末に、やはり安定感増してきたレジネッタ。
末は確実に伸びるし、不利を受けにくい外枠も奏功だろう。
前走で改めて脚を測れた小牧。G1ジョッキーとして落ち着いた騎乗をすれば結果はついてくる。

対抗に迷ったもう1頭は大外安藤勝己オディール。
ローズSは伸びない内を突いて早めに抜け出したが、外から一気に強襲されただけ。休み明けとしては上々の4着だし、何しろ鞍上が大舞台に強いアンカツ。
京都2戦2勝の馬ともども、思い切った騎乗をされると怖い。

混戦だけにヒモも手広く。
オークス馬の底力はもちろん警戒、トールポピー。末脚切れるムードインディゴとメイショウベルーガ。その他春の既成勢力エフティマイア、レッドアゲート、ソーマジック、リトルアマポーラだが、大穴なら夕月特別の内容が優秀だったブライティアパルス。


にほんブログ村 競馬ブログへ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:http://eternaljourney72.blog101.fc2.com/tb.php/45-bdd37f91

 HOME 

INFORMATION

tell72
  • Author: tell72
  • welcome !

CATEGORY

RECENT ENTRIES

SEARCH


COMMENTS

TRACKBACKS

LINKS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。