スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第69回菊花賞 回顧

オウケンブルースリ


前半1000m58秒8は長距離G1としてはハイペースの数字だが、それはかかって飛ばしたアグネススターチとノットアローンにのみ当てはまるペースであり、離れて追走していた後ろの組にとってはむしろスローとも言える流れ。それでも4角手前の下り坂で一番人気オウケンブルースリがスパートを開始したことにより直線だけの瞬発力勝負にはならず、力勝負の結末になったのではないか。
だから、明らかに距離不向きだったマイネルチャールズや、気性に折り合い難を抱えるスマイルジャックなどはこの特殊な距離からの短縮に活路を見い出すこともできるが、やはり勝ち馬との力の差は歴然だったように思う。

オウケンブルースリはダービーが終わったあとに初勝利を挙げ、夏の間だけでG1馬にまで登り詰めた。デビューしてからわずか184日での菊花賞制覇は最短記録を更新するものらしく、陣営の手腕は大いに評価されるところだ。
馬の力を信じて自分で仕掛けて最後まで末脚を持続させた内田騎手の好騎乗もあった(それにしても地方出身のジョッキーはしぶとく最後まで脚を持続させる)。
次走にジャパンカップを目指すらしいが、そこでも脚質的に好勝負の可能性は大いにある。

2着フローテーションは藤岡佑介騎手が悔やむほど道中引っ掛かっていたが、それでも末脚を伸ばしての連対だから立派。リアルシャダイの肌に父スペシャルウィーク。長距離路線ではこれからも有望だろう。
ナムラクレセントも先行勢総崩れの中での3着粘り込みは実力の証。

ただ、この2、3着の2頭にしても勝ち馬には力でねじ伏せられた感は否めない。
3冠ロードは終わり、これから各路線で古馬を交えた戦いへとステージは移る。一足早めに古馬との頂上決戦に挑むこの世代の最強馬ディープスカイ共々、各路線での彼らの今後に目を移そう。


にほんブログ村 競馬ブログへ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:http://eternaljourney72.blog101.fc2.com/tb.php/48-17713048

 HOME 

INFORMATION

tell72
  • Author: tell72
  • welcome !

CATEGORY

RECENT ENTRIES

SEARCH


COMMENTS

TRACKBACKS

LINKS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。