スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第28回ジャパンカップ 展望

ウオッカ調教JC


メイショウサムソン、ウオッカ、ディープスカイという3世代のダービー馬が集い、さらには昨年と今年の菊花賞馬、イギリスのクラシック路線では菊花賞に相当するセントレジャー勝ち馬シックスティーズアイコン、そして昨年のグランプリホース、マツリダゴッホ。それぞれが意地と誇りを賭けて激突する舞台は、何よりも相応しい府中のチャンピオンディスタンス。紛れはない。

現役トップクラスの馬たちが紛れのない府中の2400で戦う以上、勝ち馬はその中から生まれるはず。だから、無駄な伏兵探しはせずに頭数は順調に絞れた。
だが、そこからが難しい。順位付けが鍵を握る。

正直、有力馬それぞれが不安も抱える。

ウオッカとディープスカイは、何と言っても歴史的激戦となった天皇賞の反動はないのか。力の限りを振り絞り、最後の1ハロンは2頭ともバタッと脚が止まった。だからといって距離延長を不安視するわけではないが、それほどの激戦からの中3週で疲労は抜けているのか。しかも、ウオッカはそのスローペースではない天皇賞でも前半引っ掛かりかけていた。距離延長のここで、上手く折り合えるのか。

メイショウサムソンは帰国後初戦。オウケンブルースリは古馬と初対戦、初の東京コース。マツリダゴッホは鬼門の左回り。アサクサキングスは菊花賞以後勝利はおろか連対すらない。

どの馬が、どの騎手が、それぞれが抱える不安を克服することができるのか。

何が何でも逃げたい馬はいない。トーセンキャプテンかアサクサキングスかコスモバルクが無理せず先団へ行く。メイショウサムソン、マツリダゴッホなどが続く。ペースは上がらない。
だが、切れ味勝負にはしたくないメイショウサムソン、マツリダゴッホ、アサクサキングスは早めに動く。ウオッカもディープスカイもおそらく天皇賞よりはゆったりと乗るだろうし、オウケンブルースリも前に行ける脚質ではない。
直線に入って開く差を、残り300~400m辺りから追い上げにかかる。

だけど、きっとウオッカとディープスカイにとって、焦らずに進めることこそが大事。彼らはきっと捉えられる。
昨年のダービー、今年のダービー。この2頭は圧巻のパフォーマンスで別次元のレースをした。舞台は同じ、府中のチャンピオンディスタンスだ。
末脚はたぶん少しだけウオッカの方が切れる。最後止まってしまう癖はあるが、抜け出すときの高速の脚があれば止まっても大丈夫。ましてや鞍上は岩田。止まりかけても、押して押して前へ進める。
中間を見る限り、前走の疲労残りはない。
本命は、ウオッカ。
対抗に、ディープスカイ。

この2頭の相手には、前に行く組から考えたい。
体調次第だが、調教からは問題なしに見えるメイショウサムソン。武豊の落馬負傷により、戻ってきたその手綱。石橋守、一世一代の大勝負。ウオッカには負けたことがない根性の先輩ダービー馬が、石橋の執念の手綱できっと粘る。差し返す。

そして、魔術師ルメールへの手替わりが魅力のアサクサキングス。前に行って脚を溜め、最後に爆発させたら天下一品。その乗り方はこの馬にはぴったりに思える。調教も絶好だ。

マツリダゴッホは、中山での4コーナーは本当に鬼気迫る迫力で、馬が大きく見えるほど。その威圧感は圧倒的だ。左回りは昨年の天皇賞以来で、おそらくその頃とは馬が違う。回りと長い直線さえ克服できれば、実力は現役屈指だ。

人気馬から狙うだけに、相手はなるべく絞りたい。
あとは伸び盛りの魅力オウケンブルースリと、外国馬から1頭、若き天才操るペイパルブル。


にほんブログ村 競馬ブログへ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:http://eternaljourney72.blog101.fc2.com/tb.php/57-1453f79e

 HOME 

INFORMATION

tell72
  • Author: tell72
  • welcome !

CATEGORY

RECENT ENTRIES

SEARCH


COMMENTS

TRACKBACKS

LINKS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。