スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第60回朝日杯フューチュリティステークス 展望

ブレイクランアウト


スタート直後にカーブがあり、小回り、最後の直線も短い。中山マイルはいかにもトリッキーで、悠々と構えて最後に豪快に差し切るタイプの馬に合うコースではない。そのせいか、外枠はめっぽう不利とされている。
小回りで直線も短いだけに先行馬が断然有利かというとそうでもなく、いつもスタート直後のコーナーで激しいポジション争いが繰り広げられるのでペースが速くなるケースも多く、ただ、やはり短い直線だけで差し切るには厳しい、乗っている方にとっても予想する方にとっても本当に難しいコースだ。
だから、好位もしくはその直後で上手く立ち回り、最後の脚も持っている競馬の上手いタイプを狙いたい。

武豊がこのレースから復帰する。今週末はこのレース一本で、それが不安と言えば不安だが、何としてでも乗りたいという執念にも感じられる。彼にそこまで思わせた馬、ブレイクランアウトを本命に指名する。
いちょうステークスは不利があり、最後の2ハロンだけで豪快に追い込んで4着。東京スポーツ杯は並びかけて勝ち馬と同じ脚色になってしまったが2着を確保。この脚を見る限り、中山の直線の方が一瞬の切れ味を生かせるかも知れない。

相手には連闘で挑むエイシンタイガー。豊富なキャリアを誇るが、疲れを見せるどころか先週は格の違いを見せつけてようやく2勝目を挙げた。これまで5着以下がなく、唯一の4着も新潟2歳ステークスでセイウンワンダーの0秒3差なら力の差は感じない。前に着けられる器用さもあり、内田博幸も手の内に入れた。大崩れはない。

天才ルーキーを降ろしてまで、ルメールを起用。勝利への執念が見えるフィフスペトルを3番手にとる。ペースに乗じて前にも後ろにも着けられる、こちらも器用なタイプ。それに何よりも今年の来日も好調なルメール。6枠はギリギリだが、この騎手ならば何とかしそうだ。

その他、8枠に入ってしまったのが何とも痛いホッコータキオンだが、地力は確か。未知の魅力溢れるトレノパズル。中間一頓挫あった分割り引きのセイウンワンダー。
ミッキーパンプキンとシェーンヴァルトは、父ダンスインザダークとジャングルポケットがいかにも中山マイルに(しかも2歳時の)合いそうにない。もちろん外す訳にはいかないが、評価は下げる。



にほんブログ村 競馬ブログへ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:http://eternaljourney72.blog101.fc2.com/tb.php/64-faba1f46

 HOME 

INFORMATION

tell72
  • Author: tell72
  • welcome !

CATEGORY

RECENT ENTRIES

SEARCH


COMMENTS

TRACKBACKS

LINKS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。