スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第53回有馬記念 回顧

有馬記念2008


これまでに何度もダイワスカーレットの強さは見せつけられてきて、彼女の強さは充分過ぎるほどに知っていたはずだった。だが、再び僕らは畏怖する。彼女は、あまりにも強い。

8枠からのスタートも関係ない。抜群のスタートと行き脚で先頭に立つ。
前半5ハロンは59秒6。だが、後続はなす術がない。じっと彼女の後ろ姿を見守り、凝り固まったように動けない。「やはりダイワスカーレットは速い」という意識が、追走する騎手たちの頭を過る。まだ、無理には追いかけられない。
そんな後ろの心理を知っていて、安藤勝己はペースを落とす。すでに惑わされている他のジョッキーも、まだ差を詰めることができない。
ただ、舞台はグランプリ。ずっと指をくわえて見ているわけにはいかない他馬の追撃は、いつもよりも少し早めに、ラスト4~5ハロンから始まる。
しきりに手を動かしてダイワスカーレットを追う各騎手、各馬。メイショウサムソンが、マツリダゴッホが、スクリーンヒーローが、フローテーションが次々と襲いかかるが、驚くべきことにダイワスカーレットは楽な手応えのままでさらに加速する。突き放す。
忘れてはならないのは、早めに仕掛け出しているこれらの馬たちが、G1を勝ち、G1で好勝負してきた並みいる牡馬たちだということだ。決して弱い相手ではない。だが、力の違いを見せつけるように、ダイワスカーレットはこれらの馬達を楽々と突き放す。襲いかかる馬達は次々と迎撃され、後退する。
なんと、この恐るべき牝馬は、目標にされ、強豪牡馬たちの矢継ぎ早の攻撃を一身に受けながら、その全てを撃ち落としてしまった。
結果、人気薄故に仕掛けを遅らせたアドマイヤモナークが2着、エアシェイディが3着。4着ドリームジャーニーもそうだが、これは完全に展開の助け。有力馬故に勝ちに行かなければならなかった人気馬たちが、ダイワスカーレットに叩き潰された結果に過ぎない。

「追いかけた方が止まるよ」

安藤勝己が、不敵に言い放つ。

ダイワスカーレットただ1頭が次元の違うレースをして、存分に輝きを放ったグランプリとなった。
これでようやく念願の混合G1初勝利。しかもグランプリでそれを飾った。
もう日本国内でやるべきことはない。さぁ、ドバイへ、イギリスへ、フランスへ。来年、彼女の走りは、きっと世界を驚かせる。


にほんブログ村 競馬ブログへ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:http://eternaljourney72.blog101.fc2.com/tb.php/67-8546b6b4

 HOME 

INFORMATION

tell72
  • Author: tell72
  • welcome !

CATEGORY

RECENT ENTRIES

SEARCH


COMMENTS

TRACKBACKS

LINKS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。