スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第26回フェブラリーステークス 回顧

フェブラリー2009


走破時計がレースの質を決めるわけではないが、レコード決着となったフェブラリーステークスは、その内容においてさすがに層の厚いダート界を象徴する素晴らしいレースとなった。

快速エスポワールシチーが予想通りハナを切り、有力各馬も前目の位置取り。結果的にどの馬も不利を受けることなく、この府中のマイルという舞台での現時点での能力は出し切ったのではないか。

エスポワールシチーの鞍上は佐藤哲三だから、もちろん強気の逃げ。ペースを緩めることなく、直線入り口で加速し、後続を突き放す。
そこからが見応えのある攻防。

道中2番手を進んでいたカジノドライヴの安藤勝己は、直線を向いても手綱はしっかり持ったまま。おそらくエスポワールシチーは捕まえられる手応えだったのだろう。だから、敵をカネヒキリ1頭に絞った。
そのカネヒキリのルメールは安藤勝己の手応えを見て、インをすくって並びかける。それを待っていたかのように追い出す安藤。もちろんカネヒキリは砂の王者だから、簡単には競り落とせない。それでもなんとか凌げると感じたところへ、今度は外から襲いかかってくるサクセスブロッケン。
内と外、両側から勝負を挑まれたことが結果的にはカジノドライヴの敗因となるのだろうが、内容は素晴らしいもの。胸を張ってドバイへ行ってもらいたい。

勝ったサクセスブロッケンは、古馬との戦いのステージに移ってからは7歳2強の壁をどうしても破れなかったが、この舞台で突きぬけた。
もともと素質はハイレベルの世代でも1、2を争う一級品。
コーナー2つの府中のマイルは、もちろん底力も必要だがスピード能力に秀でた馬に有利な舞台でもある。サクセスブロッケンやカジノドライヴ、逃げて4着に粘り通したエスポワールシチーといった4歳勢にとっては、年齢的にどうしてもスピードは落ちる7歳の2強よりは有利な舞台だったとも言える。

だから、接戦の3着に持ち込んだカネヒキリはもちろん、6着とはいえ自身最高の時計1分35秒1で乗り切ったヴァーミリアンにとっても、まだまだ全ての面で世代交代を許したとは思えない。
例えば、大井の2000、阪神の1800といったレースの巧さが試される舞台では、まだ互角以上に戦えるのではないか。
そういう意味では、この7歳2強は本当に素晴らしい。

5歳の意地を見せヴァーミリアンに先着しての掲示板を確保したフェラーリピサや、ここには参戦しなかった組(メイショウトウコンやワンダースピードなど)、これからの飛躍が期待されるウォータクティクスなどを含め、これからもまだまだダート戦線は熱く続いていく。
そんな予感に胸躍る、素晴らしいフェブラリーステークスだった。



にほんブログ村 競馬ブログへ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:http://eternaljourney72.blog101.fc2.com/tb.php/71-29b3cc40

 HOME 

INFORMATION

tell72
  • Author: tell72
  • welcome !

CATEGORY

RECENT ENTRIES

SEARCH


COMMENTS

TRACKBACKS

LINKS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。