スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第39回高松宮記念 展望

ゲレイロ


春のG1戦線の第1弾は、尾張の電撃戦高松宮記念。
昨年の覇者ファイングレインはその後ピリッとしないし、昨秋スプリンターズステークスの覇者スリープレスナイトは蕁麻疹明けでしかも牝馬。何やら波乱の予感がする。

昨年の4着馬、ローレルゲレイロを狙う。
昨年も逃げたが途中フサイチリシャールに絡まれ、それでも僅差の4着に粘った。しかも昨年は開催10日目で先行する馬には厳しい馬場だったのが、今年は開催6日目。まだ、内で粘れる。
メンバーを見渡してもどうしても逃げを主張する馬はおらず、おそらく藤田のマイペース。抜群のスタートからインに切れ込み、粘り込む。
馬番13番は、父キングヘイローが買った番号。そのゼッケンを背負って、父のG1制覇と同じ5歳初春に、孝行息子も戴冠する。

相手にはビリーヴの息子ファリダット。
マイル、1400でもかかる気性の持ち主だけに、おそらくベストはこのスプリント。これまで一度しか使われていないが、その京阪杯はラスト32秒6という究極の脚を使った。
折り合いを気にしなくて良い分、思い切った競馬もできる。直線内を突いて、馬群の間を巧くつければ。

そして、左回りでは別馬となるトウショウカレッジ。
枠も5番と良いところ。550kg前後という恵まれた馬体があれば、そして内田博幸という鞍上であれば、ごちゃつく内も抜け出してこれそう。

おそらく大接戦のゴール前。他の馬も手広く。
最内から粘り込みを狙うコスモベル。逆にこちらは外から突くか、アーバンストリート。前走ローレルゲレイロに完勝のビービーガルダン。もちろん実力は最右翼、スリープレスナイト。
ソルジャーズソング、アポロドルチェ、キンシャサノキセキ、ドラゴンファング、アーバニティ、スプリングソングも複には抑える。

最大の惑星は、最後の脚はアーバンストリートにも劣らないヘイローフジ。中京1200はおそらくベストの舞台。こちらも父の後押しがあれば、同じように突き抜けても驚かない。




にほんブログ村 競馬ブログへ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:http://eternaljourney72.blog101.fc2.com/tb.php/73-a02910c8

 HOME 

INFORMATION

tell72
  • Author: tell72
  • welcome !

CATEGORY

RECENT ENTRIES

SEARCH


COMMENTS

TRACKBACKS

LINKS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。