スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第69回桜花賞 展望

ブエナビスタ調教


今年の桜花賞はとにかく1強ムード。ブエナビスタ断然で仕方のない雰囲気が漂う。
実際大きくはない馬体や、その時計からはそれほど強さは感じられないが、前を捉え抜き去り、突き放す際の強さは計り知れないものがある。
何よりこれまで後塵を拝したのが皐月賞でも3強を形成するアンライバルドとリーチザクラウンただ2頭なのだから、同世代の牝馬相手では力は抜きん出ていると考えた方が良い。
重箱の隅を突くような死角を探しても仕方がないのだろう。素直に本命に指名して、歴史的牝馬への階段を登るホップを見守りたい気持ちになる。

ただ、相手は大混戦。そして、だからこそブエナビスタとは未対戦の馬からその未知の可能性を探り、あわよくばブエナビスタに先着する夢まで見られる馬券をとりたい。

ヴィーヴァヴォドカはフラワーカップの勝ち馬。しかも、オークスでは有力馬の1頭に数えられるディアジーナの追撃を退け、時計も優秀。何より、未勝利勝ちの内容が素晴らしい。1000mを57秒台で飛ばしてそのまま押し切っての勝ち時計は1分34秒7。ただの逃げ馬ではない。
幸い同型のサクラミモザが番手に控える発言をしており、おそらく単騎の気持ち良い逃げ。クロフネに冷や汗をかかせたNHKマイルカップのグラスエイコーオーを持ち出すまでもなく、思い切った騎乗が身上の村田一誠、一世一代の騎乗が見てみたい。

チューリップ賞3着は脚を余してのものだったルージュバンブーも前進が見込める馬。前が詰まりながらブエナビスタに0秒4差なら、外枠に入り外差しが効くこの舞台なら。

ツーデイズノーチスも末脚鋭い魅力溢れる馬。松岡が2番枠からどういった騎乗を見せるか。
大外はレッドディザイア。2戦2勝という戦績は諸刃の剣だが、坂さえ克服できれば末脚はもしかしたらブエナビスタよりも切れるかも知れない。

この舞台を早くから目標にしてきたジェルミナル。前走ブエナビスタに最後まで抵抗したサクラミモザ。安定感溢れるダノンベルベール。

惑星は穴男駆るカツヨトワイニング。とにかく馬と騎手との相性が抜群だし、阪神競馬場初騎乗だからこそ、思い切った騎乗ができそう。
「桜花賞に乗るのではかく、カツヨトワイニングに乗る」
腹を決めた男の一発が怖い。



にほんブログ村 競馬ブログへ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:http://eternaljourney72.blog101.fc2.com/tb.php/75-e87c060e

 HOME 

INFORMATION

tell72
  • Author: tell72
  • welcome !

CATEGORY

RECENT ENTRIES

SEARCH


COMMENTS

TRACKBACKS

LINKS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。