スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第69回皐月賞 回顧

satsukishou2009


確たる逃げ馬がいない。3強のうち2頭は前に行く脚質。ただ、中山の馬場は前が残る。
様々な心理が各ジョッキーたちの胸に去来したはずのスタート前、そして、スタート直後。
やはり、前に行ける馬たちの鞍上の思いは同じだったか。ゴールデンチケットの川田が押してハナを主張し、ミッキーぺトラ、アーリーロブスト、アントニオバローズなどが続く。激流が作り出され、前半5ハロンは59秒1。
もちろん走っているのは3歳春の若駒たち。こんなペースで先行して残れるのはダイワスカーレット級でなければならないが、この時点でそこまでの馬はいない。

3強の1角リーチザクラウンはこの速い流れでも折り合えず、かかりながらの先行だっただけに直線失速は仕方がない。馬の能力うんぬんではなく、逃げなければ折り合えないという気性の問題が大きい。
ダービーではここまで速い流れにはならないだろうから、果たして自分のペースで逃げてどこまでか。気性とスタミナのバランスが難しい。

1番人気ロジユニヴァースは、飛ばす前を見ながらの6~7番手。絶好のポジションにも思えたが、4コーナー曲がって早々に手応えがない。失速したリーチザクラウンすら捉えられなかった。
この馬の場合、敗因を探すのは難しい。能力がなければ重賞3勝を含む4戦無敗でこの舞台まで登り詰められないだろう。
考えられるのは、マイナス10キロの馬体が示す調整ミス。ただその場合、調教は絶好だっただけに、その後レース当日までの3~4日間という短い期間での体調低下ということになる。
他にも多頭数の内で揉まれたことがないという経験不足なども考えられるが、この馬の場合もこの後のダービーを展望すると、正直厳しくなったと考えざるを得ないだろう。

そんな2頭を尻目に、圧勝したのがアンライバルド。
道中は中団やや後ろ。そこから4コーナー大外を捲くって、ズルズルと下がる先行勢をねじ伏せるように先頭に躍り出たかと思うと、あっという間に3~4馬身抜け出してみせた。
その脚色、瞬発力とその後の持続力は鬼気迫るものがあり、他馬が止まって見えるとはまさにこのこと。圧巻の迫力だった。
ハイペースの助けもあって折り合えたという見方もあるが、デビュー以来数戦の行きたがる気性が嘘のように鞍上の指示に従える。ゴーサインに瞬時に反応できる。
ダービーも最有力だろう。

2着に道中最後方のトライアンフマーチ。ハイペースに乗じた差し、気楽に乗れる立場だったことも大きいが、戦前から囁かれていた潜在能力を示してみせた。まだ少し太く見える幼い馬体から考えても、もう一段階成長すればダービーでも。

3着セイウンワンダーは2歳王者の意地を示した格好。折り合えば距離は持つ。ただ、勝ち馬と同じような位置から一瞬で置き去りにされただけに、総合能力でアンライバルドに太刀打ちするのは厳しいか。

それにしてもここまで見事なほど前残りだった馬場で、先行勢総崩れだった皐月賞。
乗っている騎手たちも、馬場の傾向は分かっている。だからこそ作り出されたこの激流。騎手心理まで読み説かないと、馬券攻略は厳しいということをまざまざと見せつけられたレースだった。




にほんブログ村 競馬ブログへ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:http://eternaljourney72.blog101.fc2.com/tb.php/78-46424820

 HOME 

INFORMATION

tell72
  • Author: tell72
  • welcome !

CATEGORY

RECENT ENTRIES

SEARCH


COMMENTS

TRACKBACKS

LINKS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。