スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第139回天皇賞 展望

モンテクリスエス調教


春の盾、淀の3200mと言えば、古馬の最高峰。有馬記念やジャパンカップといった華やかなイメージとは逆の、重厚で由緒正しいG1。ダービーと並んでホースマンならば一度は手にしたい天皇盾。
ただ、今年のメンバーは寂し過ぎる。いや、今年に限らず、現代競馬では異質である3000m超という距離で行われるG1の勲章は、名誉は、もはや種牡馬の価値を高めるものではないのかも知れない。

実際、馬柱を眺めていても、不思議なほどワクワクした高揚感が巻き起こってこない。
昨年のダービー馬も菊花賞馬もいない、春の盾。有馬記念最下位の馬、有馬記念で勝ちに行って牝馬に返り討ちを食らった馬が1、2番人気なのだから…。

それならば本命はメキメキと力をつけているモンテクリスエス。馬は長丁場を走っても末脚が鈍ることがない生粋のステイヤー。鞍上には最近精彩を欠くとはいえ春の盾6勝を誇る武豊。京都芝は(1、1、1、0)という馬のコース適性も味方につけて、この地味なG1を盾男の復活で派手に飾ってもらおう。

相手は昨年の不振が嘘のような快進撃、京都記念、阪神大賞典を連勝してきたアサクサキングス。
一昨年の菊花賞馬が本来の姿を取り戻してきたのだとしたら、この相手では本来力は上のはず。

そして、昨年のジャパンカップ馬スクリーンヒーロー。
スローのジャパンカップをしっかりと折り合い、負かした相手がディープスカイにウオッカなのだから、この距離のペースはむしろ合っているはず。
心配は関東馬であること、前走59kgで重馬場だったとはいえ完敗だったこと。ここで、この相手で、真の力が試される。

アルナスラインは前走日経賞で鮮やかに復活。菊花賞でアサクサキングスと接戦を演じたほどだから馬の実力は差がないはず。あとは騎手の腕次第。

香港帰りの休み明けが不安も、鞍上ともども不気味なジャガーメイル。充分に折り合って脚を貯め、仕掛けのタイミングも全てハマったときの末脚はやはり脅威のドリームジャーニー。荒削りながら秘めたる素質は計り知れないヒカルカザブエ。上がり馬ゼンノグッドウッドまで押さえる。




にほんブログ村 競馬ブログへ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:http://eternaljourney72.blog101.fc2.com/tb.php/79-5b0ea95d

 HOME 

INFORMATION

tell72
  • Author: tell72
  • welcome !

CATEGORY

RECENT ENTRIES

SEARCH


COMMENTS

TRACKBACKS

LINKS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。