スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第139回天皇賞 回顧

tennoushouspring2009



前走の日経賞2着が初めての長距離戦、この天皇賞が長距離2戦目となるマイネルキッツが見事な巻き返し、完璧なレース振りで初重賞をG1で飾った。
決してハイペースではないが道中13秒台が2度あるだけ、ラスト3ハロンも35秒1という淀みない流れが止まらないレースで、中団の内でじっと身を潜め、満を持して追い出した直線で抜け出してみせた。
もちろん馬に長距離適性が十分備わっていたことも大きいが、松岡騎手のペース判断は見事。長距離は騎手の腕にかかる比重が大きくなるとも言われるが、この勝利に限ってはジョッキーの技術が大きかった。

道中勝ち馬と同じような位置取りから2着まで詰め寄ったアルナスラインも見事なレースだったが、前走は負かしている相手だけに今回は追い出すタイミングが一歩遅れたことが全て。力差はほとんどないだろう。

3着ドリームジャーニーは池添騎手が懸命に、折り合いだけに専念してのレース。
結果的に距離はなんとかこなせるといった程度で、やはり長距離では本来の切れ味が鈍るのは仕方がない。
ただ、久し振りのこの距離で3着まで押し上げるのだから、確かな自力強化は感じる。

1番人気アサクサキングスはこの淀みない展開で、人気馬故の勝ちに行く競馬。結果論としてスパートが早かったのだということになるが、あそこまで(9着)沈むということは前走不良馬場での激走の反動が少なからずあったのかも知れない。
それは同じ阪神大賞典組のヒカルカザブエとスクリーンヒーローがそれぞれ7着と14着に大敗したことからも窺い知れる。




にほんブログ村 競馬ブログへ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:http://eternaljourney72.blog101.fc2.com/tb.php/80-4936013e

 HOME 

INFORMATION

tell72
  • Author: tell72
  • welcome !

CATEGORY

RECENT ENTRIES

SEARCH


COMMENTS

TRACKBACKS

LINKS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。