スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第14回NHKマイルカップ 展望

ブレイクランアウト調教


毎年バラエティに富む路線から参戦馬が集い、その分面白いレースになるのだが、予想としては難しくなる。今年も有力馬は多数で、しかもその多くは後ろから狙う差し・追い込み馬。こういうときは先行馬狙いが鉄則だが、舞台は東京のマイル。有力馬の多くが抜群の破壊力を備えているとなれば、素直に従うべきか。

狙いは共同通信杯以来となるブレイクランアウト。
昨年の朝日杯まではその切れ味は認めつつも、並んで気を抜くのかあと一歩突き抜けられなかったが、前走共同通信杯で遂に爆発。確かに長く良い脚を使えるタイプではないが、主戦武豊が仕掛けのタイミングを間違えさえしなければ、ゴール板でトップスピードに達するように追えるはず。
心配だったのは鞍上の不運・不調だったが、地方とはいえ兵庫CSで久しぶりの重賞制覇。今日も京都新聞杯(デルフォイ)で2着確保と、徐々に戻してきている。

相手にはそのブレイクランアウトを朝日杯で3着に競り落とした(自身は2着)フィフスペトル。皐月賞は距離に若干の不安があった分ロスの少ない内々を回って、最後の直線は前が詰まってしまった。ただ、それでも安藤勝己は「前さえ空いていれば伸びる手応えはあった」と言う。
明らかに2000よりはマイルの方がベター。セイウンワンダーの皐月賞成績を見ても、朝日杯は決してレースレベルは低くはない。
ブレイクランアウトと共に伸びてくる。

続くのは荒削りだし追い出してすぐに反応できないところもまだ残るが、行く気になってからの脚がすごいアイアンルックと、内を捌いても伸びて来れるサンカルロ。ハイレベルの桜花賞で4着に食い込んだワンカラット。

前に行って粘れるレッドスパーダ、内枠で岩田が怖いミッキーパンプキン、前走空馬の不利がありながら2着に追い込んだティアップゴールドまで注意を払う。




にほんブログ村 競馬ブログへ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:http://eternaljourney72.blog101.fc2.com/tb.php/81-edf8c4b3

 HOME 

INFORMATION

tell72
  • Author: tell72
  • welcome !

CATEGORY

RECENT ENTRIES

SEARCH


COMMENTS

TRACKBACKS

LINKS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。