スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第76回日本ダービー 展望

トライアンフマーチ調教


海外出張のため予想ができなかったヴィクトリアマイルとオークス。そして、久しぶりに接するG1がダービーとくれば、否が応でも力が入る。

皐月賞前の評価から一変、世間は皐月賞馬アンライバルドで1強ムード。
確かに皐月賞は強い勝ち方だった。走破時計も優秀だし、何よりもあっという間に先団を飲み込み、次の瞬間には突き放していた勝ち方も見事。牝馬に続いて牡馬も2冠濃厚かとも思える。
ただ、あの反応の良さと切れに切れる脚が、逆に府中のチャンピオンディスタンスでは逆に若干の不安を抱かせるのも事実。
随分と解消されてきたとはいえ、元来かかり癖のある馬。貯めて貯めて爆発させる、その仕掛けどころが、この長い直線では難しいのではないか。
皐月賞馬に敬意は評しつつ、対抗評価に留める。

本命には皐月賞2着馬、トライアンフマーチに期待したい。
その皐月賞は最後方から最速の上がりでアンライバルドに0秒2差まで追いすがった。展開が向いたとの見方もあるが、後半7ハロン1分21秒7はとにかく速い。追い始めてバテない末脚はむしろ中山よりも府中向きにも思えるし、角居厩舎でウオッカとの意欲的な調教を経て、この最高峰の舞台で素質は開花する。
問題は鞍上、武幸四郎。腹を括って、馬の力を最大限に発揮する一世一代の騎乗を見たいぞ!

アンライバルドに若干の不安を覚えるだけに、他にも手広く。
中でも注目は青葉賞を根性の差し返しで制したアプレザンブレーヴ。府中2戦2勝の実績は魅力だし、雨が降り続いた少し湿り気味の馬場もこの馬には有利。
何よりもこの馬の力を証明しているのが、皐月賞3着馬を袖にしての内田博幸の選択。これほどまでの騎手、何かを感じているとしか思えない。

前が残る今開催の府中で、やはり注意したいのがリーチザクラウン。
この馬の場合、力は確かなのだ。問題は折り合いのみ。気持ち良いスピードでスイスイと進むことができれば、馬場を味方に簡単には止まらない。

同じく巻き返しに注意したいロジユニヴァース、府中に変わって警戒したいナカヤマフェスタ、好調福永が御するセイウンワンダー、NHKマイルカップ馬ジョーカプチーノ。
中でも最も警戒したいのが、フジキセキの背中を知り、ジャングルポケットでダービージョッキーとなった角田が絶賛するアントニオバローズ。馬っぷりからは大物感を感じさせるし、府中の直線でこそその荒削りな末脚は爆発しそうだ。

さぁ、今年もダービーがやってきた。
ゲートインして、無事にスタートを切ったその瞬間、この舞台にまで駒を進め、最高峰の戦いに挑む全馬を、賞賛と敬意の拍手を持って見守ろう。





にほんブログ村 競馬ブログへ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:http://eternaljourney72.blog101.fc2.com/tb.php/83-d5ef4c09

 HOME 

INFORMATION

tell72
  • Author: tell72
  • welcome !

CATEGORY

RECENT ENTRIES

SEARCH


COMMENTS

TRACKBACKS

LINKS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。