スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第76回日本ダービー 回顧

ダービー2009



晴れるまではいかないまでも回復に向かう天気予報をあざ笑うように、午後から土砂降りの大雨。結果、記憶にないほどの泥んこ不良馬場で行われたダービー。
ここまでの馬場になると馬自身の力うんぬんよりも、この馬場をこなせるかどうかの方が大きい。さらに、泥を被って後方に待機し、直線にかける切れ者にはかわいそうな馬場ともなった。

そんな馬場状態の中、大きく後方を引き離して逃げたNHKマイルカップ馬は結果的にハイペース。離れた2番手を進むリーチザクラウンが実質的にはこの馬場に適したペースでレースを引っ張ったことになる。
そんなリーチザクラウンを見るように、2~3馬身後方で、インにぴったりと張り付いてレースを進めたのがロジユニヴァースだった。それはまるで暮れのラジオNIKKEI杯のようなレース振り。
直線も早々に下がってきたジョーパプチーノを捌いて先頭に立とうとするリーチザクラウンの、さらに内のスペースをこじ開けるように抜け出し、そのまま力強いストライドで2着に粘るリーチザクラウンに4馬身の差をつけた。
スタートはそろっと出てすぐにはインに切れ込まずに馬を落ち着かせ、ジョーカプチーノが譲らないと見るやすんなりと番手でリーチザクラウンを折り合わせた武豊の騎乗は、現時点の馬の状態を最大限に発揮する見事なレース振りだった。実際、ロジユニヴァース以外には抜かれていないのだから、この馬も皐月賞大敗の汚名を晴らす素晴らしい2着。
ただ、そのリーチを目標にレースを進め、ここしかないという馬1頭分の隙間を縫って出たロジユニヴァース横山典の騎乗は、武豊を上回る冷静さと大胆さだった。ロジユニヴァース自身も、スピード決着よりもタフなスタミナ勝負の方が向いているのだろう。

このダービー1、2着馬を短期間で立ち直らさせた陣営は見事だったし、何よりも、横山典弘がついにダービージョッキーになった。
長年、東の競馬界を引っ張り、ベテランとなってさらに円熟の手綱裁きを見せ、勝てば馬のお陰、負ければ自分を責める男なだけに、ファンも多く、そのファンからの支持も高い。
そんな彼が、ダービージョッキーの称号を手に入れた。
力いっぱいの拍手で、新しいダービー馬とダービージョッキーを讃えたい。

皐月賞上位馬はそろって惨敗だったが、この馬場だけにかわいそうな部分もある。
他路線組も大負けはしていないのだから、この結果が全てではなくまだまだクラシック路線で可能性は残した。

春のクラシック戦線は終わったが、秋に向けてまだまだ予断は許さない。




にほんブログ村 競馬ブログへ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:http://eternaljourney72.blog101.fc2.com/tb.php/84-32f651b7

 HOME 

INFORMATION

tell72
  • Author: tell72
  • welcome !

CATEGORY

RECENT ENTRIES

SEARCH


COMMENTS

TRACKBACKS

LINKS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。