スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第59回安田記念 展望

ゲレイロ


週の後半から降り続く雨も土曜日の午後からは止み、日曜日当日は晴天予報。パンパンの良にまでの回復は見込めないだろうが、少し湿り気を帯びた程度の良で行われるであろう安田記念。
コンゴウリキシオーが逃げてサイトウィナーが2番手か。ローレルゲレイロは大外枠に入ったこともあり、この2頭を見ながらの3~4番手。
おそらくペースはハイでもスローでもないミドルペース。ローレルゲレイロにとってはうってつけのペースになる。
今年の高松宮記念を勝ったとはいえ、生粋のスプリンターではない。マイルにも実績のあるローレルゲレイロは、むしろマイルのゆったりとしたペースの方が最後の直線で2枚腰が生きるのではないか。
マイペースで進んだときの粘り腰はしぶとい。ウオッカが襲いかかってくるだろうが、少し早めに突き放せれば、簡単には譲らない。
本命には、ローレルゲレイロ。

対抗はもちろんウオッカ。
前走ヴィクトリアマイルは強い内容。馬場もそれほど悪くはなりそうにない。好位追走から、ギアチェンジの速さは天下一品だ。

ディープスカイはもちろん強い。
ただ、前走で2000mを使ったことがどう出るか。マイル戦はNHKマイルカップ以来。自然と位置取りは後ろの方になるだろう。
果たして直線の鋭い脚だけで前を捉えきれるかどうか。

悲願のG1に全力のスーパーホーネット。横山典の作戦が怖いカンパニー。内枠人気薄の岩田、スマイルジャック。渋った馬場で持ち味が生きるアブソリュート、トウショウカレッジ。本格化なったならばスズカコーズウェイ。
香港勢からは近走冴えないアルマダよりも、勢いのあるサイトウィナーを押さえる。




にほんブログ村 競馬ブログへ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:http://eternaljourney72.blog101.fc2.com/tb.php/85-a5a15758

 HOME 

INFORMATION

tell72
  • Author: tell72
  • welcome !

CATEGORY

RECENT ENTRIES

SEARCH


COMMENTS

TRACKBACKS

LINKS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。