スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第50回宝塚記念 展望

ドリームジャーニー調教


今年のG1戦線もこのグランプリが上半期の最終戦。すでに新馬戦は始まっており、宝塚記念が終わればいよいよ本格的に夏競馬が始まる。
梅雨の天候が安定しない時期、また夏の暑さもすでに始まっていることもあり、有力馬勢揃いとはなかなかいかないグランプリだが、今年は昨年のJC馬、春の天皇賞馬、そして昨年のダービー馬などそれなりの面子が集まった。ウオッカの回避は(個人的には賛成だが)盛り上がりを欠く要因とはなったが。

そのウオッカの回避で断然の人気が予想されるのがディープスカイ。確かに昨年の変則2冠馬だし、レースでの安定感は群を抜いている。だが、良い勝負をしているとはいえ、昨年の秋の天皇賞から勝ち切れていないのもまた事実。人気の差ほど抜きん出た存在ではないのではないか。

これまでG1に限らず本命に期待したことはないドリームジャーニーだが、今回こそ、この舞台こそが最適。
阪神は得意のコースだし、実際斤量差があったとはいえ大阪杯ではディープスカイを破った。距離不向きの天皇賞で3着激走が好調の証。
天気だけが心配だったが、雨もそれほど強くは降らない予報。阪神の内回り2200m。ピッチ走法での強力な末脚が最も生きる舞台だ。

ディープスカイはもちろん対抗より下には落とせないが、もう1頭厚く期待したいのがサクラメガワンダー。
G1ではあと一歩届かずの印象だが、昨年のこのグランプリ4着から掲示板を外したのがレコード決着となった秋の天皇賞(それもウオッカから0.6差)だけという安定感。昨年4着だった金鯱賞を快勝しての参戦は、昨年以上の状態のはず。福永祐一も虎視眈々だろう。

日経賞勝ち、天皇賞2着とここにきて期待通りの走りが出来るようになってきたアルナスライン。昨年3着のインティライミ。前で粘れるアドマイヤフジ。人気薄ゆえインコースで死んだ振り、最後の出し抜けが怖いスマートギアまで。





にほんブログ村 競馬ブログへ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:http://eternaljourney72.blog101.fc2.com/tb.php/88-82081a35

 HOME 

INFORMATION

tell72
  • Author: tell72
  • welcome !

CATEGORY

RECENT ENTRIES

SEARCH


COMMENTS

TRACKBACKS

LINKS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。