スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第50回宝塚記念 回顧

第50回宝塚記念



春競馬の締めくくり、阪神競馬場で行われる数少ないビッグレースである夏のグランプリは、梅雨にも関わらず今年は絶好の天気の下で行われた。
コスモバルク1頭が飛ばしはしたが、そこから離れた2番手以降の集団は極めて平均の淡々とした流れ。馬場も良く、ほとんどの馬が自身の力は出し切れたのではないか。

中団後方、有力なライバルであるディープスカイのすぐ後ろ、その前を走るサクラメガワンダーまでを射程に入れた絶好の位置でドリームジャーニーはピタリと折り合う。
天候、馬場、折り合い、位置取り。ドリームジャーニーにとって数えられた全ての不安要素がこの時点でクリアされたとなれば、あとは得意の阪神内回りコースで自慢の回転の速い末脚を繰り広げるだけだった。
ドリームジャーニーは昨年秋からほとんど休みなく使われていたし、今年に入ってからもすでにここが5戦目。ライバルに比べてローテーションは厳しかったはずだが、そんなことは全く感じさせないはち切れんばかりの小さく引き締まった馬体に仕上げた陣営と、冷静に、最大限に馬の力を引き出した鞍上の好騎乗も光った。
秋には比較的良績のない東京コースでのG1が続くが、5歳にしてこの充実振りならばと期待を抱かせる内容だった。

サクラメガワンダーは好位を自分で取りに行って、さらにライバル馬よりも一歩早めの仕掛け。自分の力は出し切った。ディープスカイは目論見通り抑え込んだが、ドリームジャーニーの切れには屈してしまった。
この馬にとってもここはベストの舞台かと思われたが、阪神コースはベストでも距離は1ハロン長かったか。
それでも馬は充実している。G1での連対もここが初めて。6歳という年齢を考えると秋にさらなる飛躍、と簡単には考えられないが、少なくともまだ落ち目ではない。

圧倒的1番人気に支持されたディープスカイは、4コーナー手前から早くも手が動き出し、前のサクラメガワンダーは捕まえられず後ろのドリームジャーニーには差されるという最悪の結果。
それでも3着、という捉え方もできるが、ここを勝って秋には凱旋門賞へとまで展望されていた馬だけに…。
昨年の秋の天皇賞以来、世代入り乱れるレースが始まってからは勝利していない。G1でも、G2ですら。
ウオッカやダイワスカーレット相手にも引けを取らない勝負ができるが、その他の馬が相手でも他馬と同じような走りしかできない。これでは相手なりに走る好走馬と思われても仕方がない。能力よりも、闘争心の問題のような気もする。
秋の凱旋門賞はなくなっただろう。まだ4歳。地道に総合力をつけて、まずは国内制圧へ向けて仕切り直しとなった。




にほんブログ村 競馬ブログへ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL:http://eternaljourney72.blog101.fc2.com/tb.php/89-f5e8b795

 HOME 

INFORMATION

tell72
  • Author: tell72
  • welcome !

CATEGORY

RECENT ENTRIES

SEARCH


COMMENTS

TRACKBACKS

LINKS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。