スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

違った競馬の楽しみ方

先週はプライベートでも仕事でもバタバタと忙しく、朝日杯FSは出張前の空港から携帯にて購入。
何しろ馬体重もパドックも返し馬も見られない状況なので、ゴスホークケンの複勝を少々購入しただけだったが、これが見事1着で的中。やはり、新馬戦の東京マイルを1分34秒台で駆け抜けたスピードは本物で、あとでビデオで見返してみても素早いダッシュから遅いとは言えないペースを一気の押し切り。枠(1枠1番)にも恵まれたとはいえ、強い競馬だった。
マイルでこういう速くて強い競馬をする馬がいると、緩んだペースにはなりにくく、スリリングなレースが楽しめる。彼を中心とするこれからのNHKマイルC路線が楽しみになった。

来週にグランプリを控え、今週はG1は一休み。とはいえ、土曜日には愛知杯、日曜日には阪神CとフェアリーSという興味深い重賞が組まれており、馬券的に楽しめる週末になりそうだ。

マイルCS2着のスーパーホーネットこそ残念ながら熱発で回避してしまったとはいえ、阪神CにはマイルCS3着のスズカフェニックスや、エイシンドーバーやフサイチリシャールといった1400m巧者。去年の2着馬プリサイスマシーン、上がり馬ブルーメンブラットやドラゴンウェルズなどといったなかなかの面子が揃った。
ただ、だからこそ馬券的には難しい。
こういうレースの楽しみ方に、好きな馬、追いかけている馬を狙い打つ、というのが僕の中ではある。
今回で言えば、ローレルゲレイロ。
大好きだったキングヘイロー(この馬についてはいずれ書く機会がきっとある)の子供で、春は間違いなく3歳マイル路線のトップクラスにいた。何しろ、NHKマイルC2着馬だ。
ただ、距離不向きだったダービーで惨敗を喫してから、放牧を挟んだあとの秋シーズンも2桁着順が続いている。
人気は凋落。ただの早熟だとの声も出始めている。

ゲレイロ


調教はいつも走る。今回も走った。だから、陣営は競馬場へ行っての精神面の問題だと推測し、今回はチークピーシーズを着用して集中力を切らせず、前へ行っての粘り込みに賭ける。
1400mも初めての距離。マイルで強い競馬を見せて来たが、1200mは少し忙しい。ただ、その1200mでもすんなりと前に取りつくスピードがあり、1400mならそのスピードを持続したままなんとか踏んばれないものか。

応援の複勝。
少し色気を出した三連複で、「藤田!」と声を張り上げてレースを観よう。

こういうのも僕の競馬の楽しみ方です。

Gate in

「競馬が人生の縮図なのではない。人生が競馬の縮図なのだ」
と言ったのは、寺山修司。
もちろん、そこまで大それたことは思っていないけれど、僕にとって競馬は大きな部分を占めている。

競馬と出会って、18年目になる。
まさか、ここまで長く付き合っていくことになるとは思ってもみなかった。でも、そうなった原因は分かっているし、これからもこの付き合いが続いていくことも知っている。

f2


これまでにたくさんの感動、憤り、落胆、悲しみ、興奮、歓喜といった心の揺さぶりを与えてきてくれた馬や人、競馬というスポーツそのものに対して、ごくごく私的に残しておきたいものがある。
だから、このブログは外に対して向かっているのではなく、自分に向けて書こうと思っている。
ただ、ブログというツールが“私的なのに不特定多数に公開されている”という矛盾を孕んでいる以上、それを意識しないわけにはいかない。
だから、この私的なつぶやきに付き合ってくれる人がいるとしたら、それはもちろん嬉しいし、ありがたい。

まだ、どんな形になるのか見当もつかない。不定期の更新になることは間違いないけど。
とりあえずゲートに入った。
さて、何を書いていこう…。

« HOME 

INFORMATION

tell72
  • Author: tell72
  • welcome !

CATEGORY

RECENT ENTRIES

SEARCH


COMMENTS

TRACKBACKS

LINKS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。